BLOG

頚肩腕症候群の治療

交通事故で首が痛い

交通事故による首の痛み

交通事故による衝撃はを痛める可能性が一番高いです。追突などの事故では多くの場合、シートベルトをしていて、体は固定されているので頭が振られてを痛めます。いわゆる「むちうち症」の状態です。の骨は頸椎だけであり周りは筋肉だけで支えられているだけですので痛めやすいです。もともと肩こりがある方が交通事故に遭うと悪化して頭痛や吐き気、めまいなどの原因にもなります。

「むちうち症」のメカニズム

追突によって体が前に押されます。頭は取り残されて後ろにふられて首が強く反ります。ヘッドレストがあったとしても、運転中は前傾姿勢になっているため、頭は後方に移動しますので、頚部の筋肉や靭帯、椎間板などを痛めます。これを過進展損傷と言います。そして、反動で首の弾性によって頭が前方に振られて首が前屈します。これを過屈曲損傷と言います。衝撃は強いほど損傷は大きくなりますが、後方からの予期せぬ衝撃は小さい衝突でもむちうち症になるという報告があります。

治療の流れ

交通事故に遭った場合はまずは整形外科にてレントゲン検査などを受けケガの診断してもらいます。骨に異常がない場合は軽傷だと判断され、様子見になることがあります。むちうち症は早い段階で適切な治療を行わなければ後遺症を残す可能性がありますので当院にご連絡をください。通院中の整形外科からの転院や両方に通院することも可能です。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

 

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 頚肩腕症候群の治療
  2. 頚肩腕症候群の治療
  3. 頚肩腕症候群の治療
  4. 菰野からの患者さん
  5. トリガーポイントの治療
  6. 頚肩腕症候群の治療
PAGE TOP