BLOG

頚肩腕症候群の治療

交通事故治療の流れ

交通事故治療の流れ

交通事故によって怪我をするとまず、整形外科などの病院を受診してレントゲン検査などを行って診断してもらいます。骨折や脱臼があった場合は骨や関節を治す治療の後、ギプスなどによる固定が行われます。レントゲン検査による大きな異常がない場合は痛み止めや湿布などの治療が開始されることが多いです。そして、効果が少ないと電気治療などによるリハビリを行うことがあります。

リハビリの効果

電気治療によるリハビリを続けていても効果がでないことが多くあります。特にむちうちなどによる怪我の場合は電気治療だけでは効果が少ない場合が多く、症状が長く続いてしまうことがあります。治療内容に疑問をもたれて近隣の医療機関から当院へ転院されてくる患者さんが多くいらっしゃいます。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 頚肩腕症候群の治療
  2. 頚肩腕症候群の治療
  3. 頚肩腕症候群の治療
  4. 頚肩腕症候群の治療
  5. 頚肩腕症候群の治療
  6. 頚肩腕症候群の治療
PAGE TOP