BLOG

子供の腕が抜ける

四日市で赤ちゃんの肩が脱臼したら!

赤ちゃんの脱臼

赤ちゃん脱臼で多いのは生まれた時に股関節が外れている先天性股関節脱臼です。そして、もう一つは急に手を引っ張った際にが外れる肘内障です。が外れるとからだらっと脱力して動かさなくなるので脱臼したのではないかと思われる方が多いです。

赤ちゃんの肘内障

肘内障は肘の脱臼分類に入りますが、完全な脱臼とは少し違います。通常の脱臼が関節から骨が逸脱するのに対して肘内障は肘の靭帯から肘の外側の骨(橈骨頭と言います)が外れかかることによって起こります。5歳以下の子供に発生し、2歳前後の赤ちゃんに多く発生します。まれに小学生の低学年でも起こると言われています。

肘内障の診断

母親さんからのお話によって受傷時の状況を聞きます。そして、症状は肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、痛がって動かそうとしないことなどから、肘内障を疑います。多くは手のひらが下を向いて上向きにできないことが多いです。

肘内障の治療

徒手整復と言って外れかけた靭帯を外して元に戻す治療を行います。通常はすぐに元通りになり、手を使えるようになります。いつも通り手を使って遊んでもかまいません。ただ、手を引っ張ると繰り返し外れることもあります。当院で治療させて頂いた際は肘内障効果的な予防方法もお伝えさせて頂きます。健康保険の適応となりますので保険証をお持ちください。予約制ですので、必ずお電話かLINEにてご連絡をお願いします。

肘内障の動画

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 子供の腕が抜ける
PAGE TOP