BLOG

寝たきり予防

骨粗鬆症による「いつの間にか骨折」

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは骨に含まれるカルシウムなど
が減り、骨がもろくなる病気です。
50代以降の女性に多く、特に閉経後
多発します。

骨粗鬆症の症状

背中や腰が痛む、背中や背骨が曲がって
くる、
骨盤の高さに左右差が出る、身長が
縮んでくるなどの
症状が出現します。
転倒して尻もちをついたり、手をつくと
簡単に骨折していまうようになります。

重症になると、くしゃみでも背骨を
骨折することがあります。
また、背中や
腰の痛み、股関節に
ある大腿骨の骨折など
により、
寝たきりになることもあります。

いつの間にか骨折

初期には症状がないので気づかずに骨折
したり、
周囲の人から歪んだ姿勢を指摘
されて初めて気づく
場合があります。
これを
いつの間にか骨折と言います。
骨粗鬆症による骨折は続けて骨折する
可能性が高く注意が必要です。
1つ背骨が
骨折すると
ドミノ倒しのように次々に
骨折が起こっていきます。
これを
「骨折連鎖」と言います。
骨折が進んで
背中や腰が
曲がると、姿勢が崩れて内臓を
圧迫するので
息苦しくなったり、胸焼けが
することもあります。
そして、最終的には
早期の寝たきり
なる可能性があります。

いつの間にか骨折の予防

背骨が曲がり姿勢が悪化すると体が
前かがみになってしまい重心が前に移動
してしまいます。この重心の移動が体の
バランスを崩し骨折の連鎖を引き起こ
します。骨粗鬆症と診断された場合は薬や
運動などによって骨を強くすることも重要
ですが体のバランスを良くすることも
並行して
行っていく必要があります。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 変形性股関節症のストレッチ
  2. ミネラルウォーター
  3. 菰野からの患者さん
  4. 菰野からの患者さん
  5. 菰野からの患者さん
  6. 椎間板ヘルニアの治療
PAGE TOP