BLOG

スーパーフィートインソール

三重県四日市でスーパーフィートインソールを取り扱っています!

スーパーフィートとは

スーパーフィートインソールはアメリカ足病医学の足部バイオメカニクス理論に基づいて作製した足底板をルーツに、100万人の足のデータから開発したプレミアムインソールです。外反母趾や偏平足などに対する治療だけではなく、アウトドア、ランニングなどの各種スポーツから通勤用のインソールまで、幅広い用途で愛用されています。足を適正にサポートするための三次元の立体構造は、足を包み込む深くて丈夫な構造のヒールカップ、超高密度のフォーム素材を使ったトップシートなどで構成されています。この構造は、足元を安定させ、歩行や運動時に「足」本来の機能が発揮できるようにサポートし、シューズの履き心地を改善します。

40件の特許を取得!

スーパーフィートインソールの形状とその機能的デザインは足病医学に基づく理論背景をベースに、アメリカ国内外で40件にものぼる特許を取得しています。

スーパーフィートの特徴

  1. 深くて頑丈なヒールカップ(特許取得)
    かかとの脂肪層を包み込み足本来の衝撃吸収機能を最大限に引き出します。
  2. 後足部サポート形状(特許取得)
    スーパーフィートは、かかと周り(後足部)を機能的にサポートし、足本来の動きを作り出します。アーチではなく、内くるぶしの下あたり(載距突起と呼ばれるかかとの骨の一部)にサポート感があることが大きな特徴です。
  3. 足骨格のねじれ補正(特許取得)
    高密度フォームで作られたトップシートと硬質スタビライザーが、足骨格の不要なねじれを補正し、安定した足の機能を導き出します。スーパーフィートの持つ大きな特徴の一つです。

スーパーフィートとバイオメカニクス

スーパーフィートは、足の本来の機能を導き出すために「下肢バイオメカニクス」に裏付けられた、正しい理論をもとに設計されています。スーパーフィートはアーチを直接的に持ち上げるのではなく、主に後足部の機能をサポートしています。なぜなら、立っている時、歩いている時、そして走っている時も、足や下半身の動きを作る起点となる関節がかかと周り(後足部)にあるからです。かかと周りの関節はアーチの高さや足の指の働きそしてスネの向きや傾きまでもコントロールする、トルクコンバーター(力の変換機)という役割を担っています。

足の主要関節の働きとスーパーフィートインソール

足が本来の仕事をより効果的に果たすためには、足にある主要な関節が最大限にその能力を発揮しなければなりません。しかし、多くの現代人は「過剰回内=オーバープロネーション」という足の問題を抱えています。過剰回内(オーバープロネーション)は様々な足のトラブルを誘発します。

スーパーフィートインソールの役割

人は接地するときには足に体重の3~5倍の衝撃が加わります。また、一日で8000歩、多い人は10000歩以上も歩くと言われています。つまり、その数だけ衝撃が加わり続けています。本来、足には衝撃を推進力に変える機能を持っていますが、過剰回内(オーバープロネーション)の状態では、足本来の機能を十分に発揮することができません。また、この状態は足だけではなく、全身のトラブルを誘発してしまいます。スーパーフィートは足本来の効率的な動きを取り戻すために、現代人の深刻な足の問題「過剰回内=オーバープロネーション」を改善します。その機能的な足元へのサポートは様々なトラブルからあなたを守ります。

スーパーフィートをお勧めします!

私は様々なインソールを実際に体験してきましたが、既製品のインソールではスーパーフィートが一番お勧めです。唯一地面と接する足が歪んでしまうと、膝や股関節だけではなく骨盤まで歪んでしまいます。腰痛でお悩みの方にも効果的ですので、どのインソールが良いのか探されている方は一度ご相談ください。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 足底筋膜炎のインソール
  2. 偏平足にインソール
  3. 足底筋膜炎のインソール
  4. 外反母趾の治療
  5. 足底筋膜炎のインソール
  6. 足底筋膜炎の治療
PAGE TOP