BLOG

ぎっくり背中の治療

肩甲骨の内側が痛い「ぎっくり背中」を治療しています!

ぎっくり背中とは

ぎっくり背中とは急に背中が痛くなる症状を言います。重いものを持った後や運動の後に発症する場合もありますが、寝違いのように起床時にぎっくり背中に発症する事も多いです。また、背中の症状ですが、首に原因があって症状が出ていることがあります。

ぎっくり背中の症状

  • 肩甲骨の内側の痛み
  • 背中の強い痛み
  • 首を捻じると痛む
  • 呼吸時の痛み
  • 首の痛み
  • 強い肩コリ
  • 首を捻ると痛みが出現する
  • 腕が上げづらい
  • 手や足にシビレがある
  • 起き上がる時に首が持ち上がらない
  • 痛みで目が覚める
  • 頭痛・めまい

ぎっくり背中の原因

ぎっくり背中の原因は首や肩甲骨まわりの筋肉に生じたスパズムと呼ばれる筋肉の痙攣(ケイレン)です。これをトリガーポイントと言います。首や背中などの筋肉にトリガーポイントが出現すると肩甲骨の内側背中に痛みが出現します。ぎっくり背中になった時は体を捻じった時や起き上がる時に痛みが強くなりますよね。そういう時は首や背中の筋肉に力が入るため、その筋肉に痙攣(ケイレン)が生じているとこむら返りのように痛みが強くなるんです。これがぎっくり背中の正体です。

ぎっくり背中を起こしやすい筋肉

  • 斜角筋
  • 広背筋
  • 前鋸筋
  • 菱形筋
  • 肩甲挙筋
  • 脊柱起立筋
  • 大円筋
  • 僧帽筋
  • 上後鋸筋
  • 腹直筋

ぎっくり背中になりやすい人

  • 猫背
  • 仕事がデスクワーク
  • 力仕事
  • 手を良く使う仕事
  • 運転手
  • 巻き肩
  • スポーツ選手
  • 妊婦
  • 産後の女性

ぎっくり背中の治療

ぎっくり背中は筋肉の痙攣(ケイレン)が落ち着けば、痛みは消失します。当院はぎっくり背中に対するトリガーポイント治療を専門的に行っています。トリガーポイントによるぎっくり背中にはカウンターストレインと呼ばれるオステオパシーのテクニックやPNFストレッチ、痙攣した筋肉の反復収縮、持続指圧などの手技による施術を行っています。筋肉の状態によっては超音波ハイボルテージと呼ばれる電気治療を行う場合もあります。痛みを起こしている状態や治療による反応は患者さんによって異なりますので様子をみながら施術しています。そして、体のバランスを良くする施術を行います。体のバランスが整うと痙攣(ケイレン)を起こして硬くなった筋肉は緩んでいきます。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

 

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. ぎっくり背中の治療
PAGE TOP