BLOG

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛でお困りの方へ

坐骨神経痛の真実

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で脚に痛みがある場合、坐骨神経痛ですねと言われることがあります。坐骨神経が脚の後ろを通ることから、脚の後ろの痛みの場合に言われることが多いです。そして、ヘルニアや狭窄によって坐骨神経が圧迫されることで脚に痛みが出現すると一般的には言われています。しかし、多少神経が圧迫されても痛みは起こりません。ほとんどの坐骨神経痛は筋肉が原因です。特にお尻にある筋肉が原因で痛みやシビレが起きている事が多いんです。筋肉にトリガーポイントと呼ばれる痙攣(ケイレン)が生じると脚に痛みやシビレを送るんです。あまりにも痛いので、このような症状が出現した方は筋肉が原因の痛みだとは信じれないことが多く、神経痛だと言う方がほとんどです。

坐骨神経痛という診断はありません

よく坐骨神経痛になったと言われる方がいますが、実は坐骨神経痛という診断名はありません。多くは腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎椎間板症などという診断名になります。

お尻にできたトリガーポイントによる症状

  • 腰痛
  • お尻の痛み
  • 脚の痛み・シビレ
  • ふくらはぎの外側の痛み。シビレ
  • 長時間立っていると痛む
  • 長時間歩けない
  • 間欠性跛行
  • お尻を押すと痛い
  • 足のむくみ
  • 冷え性
  • 筋力低下

施術の方針

体のバランスを良くして、痛みを送っているお尻の筋肉を緩めることで痛みは改善します。トリガーポイントがなくなれば、痛みやシビレが良くなります。坐骨神経痛でお悩みの方はご相談ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 椎間板ヘルニアの治療
  2. ぎっくり背中の治療
  3. 菰野からの患者さん
  4. 菰野からの患者さん
  5. 菰野からの患者さん
  6. 腰椎すべり症の手術
PAGE TOP