BLOG

変形性股関節症のストレッチ

すべり症の真実

すべり症の原因について

腰痛で病院に行ってレントゲンを撮ると・・すべり症です」と言われた方も多いのではないでしょうか?腰椎がすべっているから痛いのですと言われたかもしれませんね。実は違うんです。すべっているだけでは痛くないんです。もちろん、腰椎がすべっていることは正常ではないので腰痛が起こりやすい状況ではあると思います。ただし、すべっていることで痛いわけではありません。ヘルニアもすべり症もそうですが、それ自体は直接的な痛みの原因ではありません。痛みを出しているのは筋肉です。筋肉を上手にゆるめることで痛みは改善します。ただし、すべり症の場合は痛みが消失するだけではいけませんそのままにしておくと、すべりは進行します

すべり症になりやすい人

  • 反り腰
  • 成長期に腰痛があった
  • 分離症がある
  • 高齢者
  • 野球などの体を回旋させるスポーツをしている
  • ぎっくり腰を繰り返している人

すべり症の進行

最終的にすべりの程度が進んでしまうと、今度は本当に腰椎が神経を圧迫してしまい脚の筋肉が麻痺してしまう事があるんです。麻痺の症状とは脚の筋力が低下してしまうことなんです。ひどくなるとまったく力が入らない状態になります。たとえば、つま先を上げた状態で歩けなくなったり、かかとを上げて歩けなくなったりします。その他には脚の感覚がなくなることがあります。たとえば、左右の足を触った感じが違う。触っても薄皮がある感じがする。触られた感じがないなどです。そうならないためにも、施術ですべりの進行を食い止めなければなりません。

すべり症の治療

すべり症の方は反り腰であることが多いんです。反り腰にしてしまっている筋肉をゆるめて、腰椎の位置を整えることで、状態は良くなります。すべり症でお困りの方は一度ご相談ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 腰椎すべり症の手術
  2. 菰野からの患者さん
  3. トリガーポイントの治療
  4. 菰野からの患者さん
  5. トリガーポイントの治療
PAGE TOP