BLOG

菰野からの患者さん

ぎっくり腰発症後3日間にすること

ぎっくり腰が発症!

最近、忙しくて睡眠不足だなぁ・・数日前から腰に違和感があるけど、すぐに治るだろう。。そう思っていると・・・次の日に朝起きると腰痛で起きれない!今日も大事な仕事があるのに!!
まさに、ぎっくり腰ですね。実は重い物をもって起こると思われているぎっくり腰ですがこのように何もしなくても発症することがあります。多くの場合、腰の違和感や股関節の突っ張る痛み、こむらがえりやお尻がピクピクするような感じが前兆として起こっています。

ぎっくり腰発症後3日間にすること

動けないほどのぎっくり腰の場合、全身の筋肉が誤作動を起こしています。腰などの筋肉にスパズムと呼ばれる痙攣(けいれん)が起きていますので、痛みを感じない姿勢を見つけて頂き、急性の痛みが落ち着くまで様子をみてください。そして、ミネラルウォーターなどでしっかり水分補給をします。コルセットをお持ちであれば、腹圧を高めるために巻いて頂くと効果的です。動けるようになったら、できるだけ早急に治療を開始した方が治りが早いんです。実はぎっくり腰を発症した場合、最初の3日間の管理が非常に重要なんです。ここで間違った対処や施術を行うと痛みが長引く可能性が大きくなってしまいます。強いぎっくり腰を発症した場合は早急にご連絡ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 寝たきり予防
  2. 菰野からの患者さん
  3. 椎間板ヘルニアの治療
  4. 腰椎すべり症の手術
  5. トリガーポイントの治療
  6. 菰野からの患者さん
PAGE TOP