BLOG

足底筋膜炎のインソール

子供の偏平足を改善させるインソールを作成しています

子供の偏平足

偏平足歩く時のクッションの作用がある足裏の内側縦アーチ(土踏まず)が落ち込んで扁平になる状態です。偏平足がひどくなると膝の負担も増えてしまいます。また、膝や股関節の捻じれが偏平足を引き起こしていることもあります。

みんな偏平足だった

実はほとんどの幼児は偏平足です。歩行や運動などによって、徐々に内側縦アーチ(土踏まず)が形成されます。個人差はありますが、8歳前後に足の形は完成すると言われています。その時期が過ぎても土踏まずがない場合に偏平足だと診断されます。

偏平足の判断基準

自宅でお風呂上がりなどに、足が濡れた状態でフローリングを歩いてもらって、足跡を確認して足裏全体の痕がついていれば偏平足です。土踏まずがあれば、正常であると思われます。分かりにくければ、新聞紙などに足を乗せてもらうと分かりやすいです。体重をかけていない時に目視だけで判断すると偏平足を見逃すことがありますので注意が必要です。

偏平足による問題

  • 足が遅い
  • 疲れやすい
  • 見た目が悪い
  • 筋力低下
  • ジャンプ力低下
  • 怪我しやすい
  • 転倒しやすい
  • 膝や股関節を痛めやすい

偏平足の予防

偏平足の予防にはシューズ選びが重要です。縦も横もジャストフィットのシューズを選ばなければなりません。そして、踵が内側に倒れるのを防ぐシューズが売られていますのでおすすめです。ランニングされている方はご存知かもしれませんが、オーバープロネーションという表示があるランニングシューズがあります。偏平足のタイプによっては、このようなランニングシューズも効果的な場合があります。

インソールによる偏平足の治療

偏平足を矯正するためには足に合った靴と矯正するインソールおすすめです。偏平足を矯正するというインソールはたくさん市販されていますが、効果が少ないばかりか、悪化させるものも多くあります。足を変形させてしまう原因で重要なのは踵の倒れこみです。そのため、踵をしっかり矯正できるインソールが一番効きます。ただ土踏まずを上げるだけのインソールは危険です。当院オーダーメイドインソールは踵を支えて、縦のアーチを持ち上げます。偏平足は放置するとどんどん進行します。インソールによる治療はできるだけ早い方が効果があります。もちろんインソールだけではなく、靴の相談も受付けていますので、偏平足でお困りの方は橋爪接骨院ご相談ください。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. スーパーフィートインソール
  2. 足底筋膜炎のインソール
  3. 外反母趾の治療
  4. 偏平足にインソール
  5. 足底筋膜炎の治療
  6. 足底筋膜炎のインソール
PAGE TOP