BLOG

四日市で足底筋膜炎を改善させるインソールを制作しています!

こんにちは。四日市の橋爪接骨院です。今回は急に足をついたり、たくさん歩いた時に足の裏が痛くなる足底筋膜炎について解説します。病院ではあまり説明されないこともお伝えしますので、足底筋膜炎と診断された方はご参考になさってください。

足底筋膜炎について

足底筋膜炎の患者

長時間座っていて歩き始めた時に足の裏が「ピキッ」っと痛む。朝、起きて歩き始めた時に痛い。こういう症状の方は足底筋膜炎かもしれません。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは足の裏にある膜状の組織に炎症が起き痛みを引き起こしている状態を言います。重症な場合は足底筋膜に微細な断裂を引き起こしている場合もあります。しかし、足の裏に痛みが出現する病態は足底筋膜炎だけではありません。実は足底筋膜炎と診断された方の中にはふくらはぎにある筋肉(ヒラメ筋or腓腹筋)もしくは足の裏にある足底方形筋のトリガーポイントが原因で痛みが起きている場合があります。トリガーポイントとは筋肉にスパズムと呼ばれる痙攣(ケイレン)が生じている状態です。このスパズムが出現すると他の部位に痛みやシビレを引き起こします。私の経験上、病院で足底筋膜炎と言われた足裏の痛みのほとんどの方はトリガーポイントが原因でした。そして、当院のトリガーポイント療法によって改善された方が非常に多いです。

原因

足底筋膜炎の原因は体のバランスが崩れた状態で立ち仕事などによって、長時間歩いたり立っていることで足底筋膜に負担がかかることで起きます。急激な体重の増加によっても発症しやすくなります。また、ふくらはぎやハムストリング、脊柱起立筋などの体の後面にある筋肉が硬いことも原因になります。スポーツ選手にも多く、ランニングや剣道などのふくらはぎの筋肉をよく使うスポーツに多いです。

症状

  • 足の裏の痛み(踵の前あたりに多い)
  • 歩行時や走った時の痛み
  • 歩き始めの痛み
  • 足の裏やふくらはぎを押さえると痛い
  • 歩いていると痛みが軽減する
  • 腰痛も出現する場合がある
  • アキレス腱の痛み

足底筋膜炎の治療

足の治療

足底筋膜炎や足の裏の筋肉に生じたトリガーポイントに対する治療についてご紹介します。

施術による治療

完全な足底筋膜炎の場合は炎症が起きているため、ある程度安静が必要になります。そして、足底筋膜につながっている太ももやふくらはぎ、背中などの筋肉を緩めます。落ち着いてきたら痛みを起こしている足の裏に対して超音波治療などの物理療法を行います。しかし、原因がふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)や足底方形筋のトリガーポイントである場合はふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)と足底方形筋を緩める施術を行います。施術により多くの方の足裏の痛みは軽減します。また、筋肉は腰から足までつながっていますので、足底筋膜炎の患者さんは腰痛を併発していることがあるので腰痛施術も行うケースが多いです。

腰痛のある足底筋膜炎についてはこちらで解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】腰痛のある足底筋膜炎の治療

オーダーメイドインソール

足底筋膜炎は体のバランスが崩れた状態で歩くことで発症します。施術で痛みが軽減しても、長時間歩行を続けると症状が残ってしまうケースもあります。そこで、足底筋膜炎の方にはオーダーメイドインソールをお勧めしています。体が唯一地面と接する足を矯正することで、足底筋膜への負担も軽減し、体のバランスが整います。足に合ったシューズに良いインソールを入れることで疲れにくくなります。当院のオーダーメイドインソールは足底筋膜炎とトリガーポイントによる足裏の痛みに効きます。

まとめ

足の裏に痛みを起こす足底筋膜炎の中には筋肉に生じたトリガーポイントが原因の場合もあります。橋爪接骨院では筋肉を緩める施術とオーダーメイドインソールによって治療を行います。足底筋膜炎でお困りの方はご相談ください。お力になれると思います。

オーダーメイドインソールについてはこちらでご紹介していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】オーダーメイドインソール

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

関連記事

  1. スーパーフィートインソール
  2. 偏平足にインソール
  3. 四日市でインソール制作
  4. 子供の偏平足
  5. オーダーメイドインソール
PAGE TOP