BLOG

菰野町のギックリ腰患者さん

菰野町から通院されている腰痛患者さんの声

こんにちは。四日市の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院です。
今回は菰野町から当院に通院されている患者さんについてご紹介します。

菰野町から通院されている患者さん

菰野町の患者さん三重県の菰野町から通院されているAさん(48歳女性)は「ぎっくり腰」で来院されました。数年前から腰痛があり、朝起きた時に強い痛みが出現し当院に来院されました。今回はいつもの慢性的な痛みではなく、起きるのがつらいほどの強い腰痛だったそうです。知人が当院に通院されていると聞いていたのでご連絡を頂きました。

原因は腸腰筋のトリガーポイントでした!

お話を伺って症状を確認すると腰が伸びていない状態で脊柱起立筋という背中の筋肉がすごく硬くなっていました。神経の流れなどの検査には大きな問題はありませんでしたが、痛みによって体が歪んでいる状態でした。詳しく体をチェックしていくと、股関節や体幹のインナーマッスルである腸腰筋に強い痙攣(ケイレン)をみつけました。この筋肉に起こった痙攣をスパズムと呼んでいますが、これが腰まで痛みを出現させていました。筋肉は強い痙攣を起こすと別の部位まで痛みを出現させてしまいます。この痛みの引き金となる筋肉のポイントをトリガーポイントと言います。そして、痛みの原因や施術の必要性を説明して実際に治療を行いました。

治療方法

ぎっくり腰の治療

トリガーポイント療法を行いました

腰が伸びない原因になってしまう腸腰筋を各種の手技によって緩めました。すると腰痛は残るものの前傾姿勢で固まっていた腰と股関節が伸びるようになりました。そして、臀部の筋肉や太ももの筋肉を緩めて、体のバランスを整える施術を行うと腰痛は軽減しました。最後に動きやすくなるテーピングを施行し、初日の施術は終了しました。Aさんの症状は強かったため、3日後に再度来院して頂きました。痛みは半分以下になり、姿勢もかなり改善していました。再度、トリガーポイント療法などの施術を行い、体のバランスが良くなっているのを確認し、1週間後に予約をして頂きました。3回目の施術の時点で痛みはほとんど消失していました。整った体を維持して、改善させるためには約5回の施術が必要であると説明し、あと2回短期間で施術を行いました。

施術のご感想

橋爪接骨院の口コミ本人は強く痛くなってからストレッチを繰り返し行ったそうですが、どんどん悪化してきたそうです。これはさすがにまずいなと思って当院に行こうと決めたそうです。腰のはりを強く感じた時は別の治療院でストレッチをしてもらっていたようですが、腰痛を繰り返していたとのこと。実は強いトリガーポイントが出現している場合、通常のストレッチは逆効果の場合があります。特にぎっくり腰の場合はストレッチは危険です。ストレッチ以外に筋肉が緩まる方法があると知って驚いてみえました。

Aさんの現在

現在は腰の痛みが消失し、運動もできている状態です。しかし、最初に経験した強い腰痛になりたくないとのことで、月に1回の定期的な施術を行っています。毎年、同じ時期に起こっていた強い腰痛も感じなくなったとのことでした。

まとめ

治療のまとめ今回は菰野町から当院に通院されている患者さんについてご紹介しました。ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症でお悩みの方はご相談ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

関連記事

  1. 応急処置
  2. 腰痛の治療
PAGE TOP