BLOG

腰痛の治療

四日市でギックリ腰の治療!

こんにちは。
橋爪接骨院の橋爪です。
突然、腰の激痛!ギックリ腰ですね。実はギックリ腰の明確な定義はありません。重いものを持った瞬間に発生する場合や疲れがたまった状態でふとした瞬間になってしまう場合などの原因で発生します。朝起きたら腰に激痛が発生していたなど、原因がはっきりしない場合も多いです。いずれにしても、ギックリ腰は強い痛みが腰にある場合を言います。
今回はこのギックリ腰について詳しく解説したいと思います。

突然の腰痛(ギックリ腰)

急な腰痛初めての方はどうしたらいいかわかりませんよね。まさか私が腰痛なんて。。。腰痛になったことがなくても、急に発症することもあります。最近、忙しくて睡眠不足だなぁ・・数日前から腰に違和感があるけど、すぐに治るだろう。。そう思っていると・・・次の日に朝起きると腰痛で起きれない!今日も大事な仕事があるのに!!まさに、ぎっくり腰ですね。実は重い物をもって起こると思われているぎっくり腰ですがこのように何もしなくても発症することがあります。

ギックリ腰の前兆

ギックリ腰の前兆で多いのは腰の違和感が圧倒的に多いです。股関節やお尻の違和感や軽い痛みが出現する方もいますし、こむらがえりやお尻がピクピクするような感じが前兆として起こる人もいます。違和感程度だったのが朝起きたら激痛に変わっていたということもしばしばあります。

ギックリ腰について

ぎっくり腰治療で有名ギックリ腰はいきなり腰に強い痛みが出現して動けなくなることから海外では「魔女の一撃」や「魔女の仕業」などと呼ばれているようです。ぎっくり腰になった!とよく言いますが、実はギックリ腰という診断名はありません。病院では急性腰痛症や筋筋膜性腰痛症などと診断されることが多いです。

病院での診断名

  • 急性腰痛症
  • 筋筋膜性腰痛症
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 腰椎椎間板症
  • 側彎症
  • 変形性脊椎症
  • 梨状筋症候群

原因

ギックリ腰のほとんどは仕事などが忙しくて体の疲労が溜まっている時に起きます。他にも長時間座った姿勢が続いていて、急に立ち上がった時などに起きます。ギックリ腰は重い物を持った際に発生するイメージがあると思いますが、実ははっきりとしたきっかけがないことがあります。前日は腰の違和感程度だったのに朝起きたら起き上がれない状態になっているパターンも非常に多いです。ギックリ腰の原因は筋肉に起こった強い痙攣(ケイレン)が原因です。少し前かがみになろうとするとビキッ!っと強烈な痛みが腰を襲いますよね。腰を伸ばそうとしても思うように伸びませんよね。朝起き上がる時がつらいですよね。重症だと、起き上がるのに30分かかる患者さんもいます。それはまさしく腰まわりの筋肉に起こった痙攣が原因なんです。痙攣とは筋肉が一時的にこむら返りのようにひきつっている状態です。こむら返りがおこったふくらはぎに力を入れようとすると激痛になりますよね。まさにその状態なんです。この痙攣を施術によって止めることができれば症状が良くなります。

症状

  • 強い腰痛
  • 起き上がりが痛い
  • 腰に力が入らない
  • 腰が伸びない
  • 脚やおしりのシビレ
  • 上向きで寝れない
  • 筋肉の痙攣
  • 前屈ができない
  • 腰を捻じると痛い
  • 座っていると余計に痛い
  • 立っている方が楽
  • 靴下を履くのが辛い
  • 股関節の痛み

ギックリ腰が起きやすい状態

ギックリ腰は体の歪みや疲労、ミネラルバランスの崩れによって引き起こされます。このような状態が蓄積された結果、強い筋肉の痙攣が出現しギックリ腰を起こします。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症が直接的なギックリ腰の原因ではありません。もちろん、ヘルニアや狭窄症などの異常がある腰は痛みが出やすいですが、ヘルニアが直接痛み刺激を出してはいません。

ギックリ腰になりやすい状況

  • 疲労の蓄積
  • ストレス
  • 重労働
  • 睡眠不足
  • 怪我
  • オーバーワーク
  • 力仕事
  • 骨盤が歪んでいる
  • 猫背などの不良姿勢
  • 運転手
  • 妊娠中
  • 産後の女性
  • 反り腰
  • 運動不足
  • スポーツ選手
  • 長時間の座位・立位
  • デスクワーク
  • 水分不足
  • 栄養不良
  • ミネラルバランスの崩れ

長引くと慢性痛に・・・

痛みは長引いていると、慢性痛になってしまいます。重症のギックリ腰の中には痛み止めなどの薬を飲んでも全く効果がない場合もあります。適切な治療を行わないと一生腰痛と付き合うことになる方が多いです。ギックリ腰はできるだけ早期に治療を開始しなければなりません。

ギックリ腰の治療

治療方法の治し方ギックリ腰は筋肉の痙攣(ケイレン)が落ち着けば、痛みは消失します。当院はぎっくり腰に対する治療を専門的に行っています。

橋爪接骨院の治療方法

筋肉の痙攣によるギックリ腰にはカウンターストレインと呼ばれるオステオパシーのテクニックやPNFストレッチ、痙攣した筋肉の反復収縮、持続指圧などの手技による治療を行っています。筋肉や体の状態によっては超音波やハイボルテージと呼ばれる電気治療や動きやすくなるテーピング処置を行う場合もあります。痛みを起こしている状態や治療による反応は患者さんによって異なりますので様子をみながら施術しています。そして、体のバランスを良くする施術を行うことで痙攣(ケイレン)を起こして硬くなった筋肉は緩んでいきます。

ケイレンを起こしやすい筋肉

  • 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)
  • 中殿筋
  • 小殿筋
  • 腰方形筋
  • 多裂筋
  • 脊柱起立筋
  • 腹直筋

安静は必要?

「安静は必要ですか?」とよく聞かれます。以前は痛みがなくなるまで安静にすることが第一優先でしたが、現在の考え方は変わってきました。起き上がれないほどのとても強い痛みがあった場合は一番楽な姿勢で安静にする必要があると私は思います。しかし、長くても3日以内が理想だと考えられます。長期間、安静にしてしまうと痛みの悪循環がおきてしまい痛みが長引いてしまう可能性が高くなります。痛みが軽減してこれば、身の回りのやれることはやった方がいいと思います。

お勧めの寝方

痛みを感じない姿勢をとって頂くことが一番良いと思います。痙攣が起きている筋肉によっても楽な姿勢が変わってきます。痛い側の腰を上にして、少し腰を丸める感じに横向きで寝るのが楽だという方が多いので、一度お試しください。

発症後3日間にすること

動けないほどのギックリ腰の場合、全身の筋肉が誤作動を起こしています。腰などの筋肉に痙攣(けいれん)が起きていますので、痛みを感じない姿勢を見つけて頂き、急性の痛みが落ち着くまで様子をみてください。そして、ミネラルウォーターなどでしっかり水分補給をします。コルセットをお持ちであれば、腹圧を高めるために巻いて頂くと効果的です。動けるようになったら、できるだけ早急に治療を開始した方が治りが早いです。実はギックリ腰を発症した場合、最初の3日間の管理が非常に重要なんです。ここで間違った対処や施術を行うと痛みが長引く可能性が大きくなってしまいます。

受診前のお願い

ギックリ腰になってしまう方は水分不足になっていることが非常に多いです。当院を受診される際はミネラルウォーターなどの水分を適度に摂ってからお越しください。コーヒーや緑茶、紅茶などはカフェインが含まれている可能性がありますのでお勧めできません。ミネラルウォーターが苦手な方はミネラルウォーターで麦茶などを沸かして頂くと飲みやすいと思います。

まとめ

腰痛治療で有名ギックリ腰の原因は筋肉に生じた痙攣(ケイレン)です。痙攣が落ち着けば、痛みは消失します。当院ではギックリ腰に対する専門的な施術を行い痛みを軽減させます。そして、体のバランスを良くする施術を行うことでギックリ腰が再発しない体を目指します。四日市で急なギックリ腰になった時は「腰痛施術の匠」橋爪接骨院にご相談ください。お力になれると思います。

こちらで腰痛の治し方については解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】橋爪接骨院の腰痛の治し方について

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約は電話にて空き状況をご確認ください。
website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

関連記事

  1. 菰野町のギックリ腰患者さん
  2. 応急処置
PAGE TOP