BLOG

四日市で妊婦さんの腰痛はお任せください!

こんにちは。四日市の橋爪接骨院です。
妊娠前には腰痛を感じていなかったのに、妊娠が発覚すると腰痛が出現し、お腹が大きくなるにつれて腰痛が強くなってきます。しかし、かかりつけの産婦人科さんに相談しても腰痛はしかたがないと言われてしまう場合も多いです。今回はほとんどの妊婦さんが経験する妊娠中の腰痛について解説したいと思います。

妊婦さんの腰痛

妊娠中の女性妊娠すると多くの女性が腰痛になります。症状としては歩くと痛い、寝返りが痛い、寝ているのも痛いので楽な姿勢がない・・・など。妊娠による腰痛の場合はお腹が大きくなるにつれて痛みが増す方が多いですが、実は妊娠初期から痛む場合もあります。

妊娠初期の腰痛

妊娠3か月頃になるとリラキシンという卵巣ホルモンが分泌されて、出産に備えて関節や靭帯を緩めようとします。そのため、緩んだ骨盤や腰の関節を筋肉で支えようとして周りの筋肉が過剰に働き腰痛が出現します。さらに、つわりや妊娠に対する不安によっても腰痛が悪化すると言われています。

悪化する腰痛

お腹が出っ張り、体重が増えることによって妊婦さんの姿勢は急激に変化します。多くの妊婦さんは重心が前方に移動する事によって骨盤が前傾し、腰が反ります。また、背中は反った腰のバランスをとるために丸くなってしまいます。そのため、背中や腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。お腹が大きくなった状態でずっと座っていると、腰だけではなくお尻まで痛みが出現するようになります。

妊婦さんの腰痛治療

妊娠中の腰痛治療橋爪接骨院には妊婦さんや産後の腰痛患者さんが多く通っています。

腰痛施術

多くの妊娠中の腰痛は筋肉や姿勢が原因であるため、痛みを出している筋肉を施術によって効果的に緩めていきます。多くの方は中殿筋という骨盤周囲の筋肉が硬くなってしまっています。そして、良い妊娠中の姿勢をキープできるように体を調整して出産しやすい状態に治療していきます。腸腰筋という筋肉に短縮がみられることがありますので、胎児に負担をかけないように緩めていきます。妊婦さんは腰痛になると出産はもちろん、産後の子育てに関しても不安になって来院されます。当院では妊娠中の腰痛治療だけではなく、産後の骨盤矯正まで行っています。

妊娠中の腰痛対策

つわりなどによって体内の栄養状態や水分が不足している場合も腰痛の原因となりますのでつわりが落ち着いたら、適度に栄養をとってください。特に水分不足は腰痛の原因である筋肉の痙攣(ケイレン)を引き起こしますので注意が必要です。上のお子さんの抱っこはできるだけ夫に頼んで、重い荷物も持たないようにしてください。また、履物は楽だからとサンダルやスリッパは避けて歩きやすいスニーカーを履いてください。転倒防止にもなりますし腰にもスニーカーの方が良いです。温めると症状が軽減する方が多いので半身浴などもお勧めですが、くれぐれも水分不足には注意してください。骨盤が緩み過ぎている場合は妊娠中でも骨盤ベルトが効果的な場合がありますが締めすぎには注意してください。締めすぎは胎児への影響もありますし、むくみの原因にもなります。最近では妊娠中の骨盤ベルトも推奨している方もいますが、腰痛や姿勢の状態によって使い分ける必要があると思います。パートナーとストレッチをして血行を良くすることも痛みが軽減する場合がありますが、強い腰痛にストレッチは逆効果の場合がありますので注意してください。

セルフエクササイズ

多くの妊娠中の腰痛は骨盤の外側にある中殿筋などの筋肉が硬くなっていますので、押さえて痛みを感じる部分にテニスボールなどを当ててほぐしてあげることが効果的な場合があります。また、ふくらはぎも固まっている場合があるので、ボールや膝などで緩めてあげましょう。

まとめ

治療のまとめ

多くの妊婦さんが経験する腰痛について解説しました。妊娠中はホルモンや姿勢の影響で腰痛が起こりやすくなっています。痛みは急激な姿勢の変化による筋肉の痙攣(ケイレン)が原因です。筋肉を緩めて症状を改善させる施術を行うことで痛みは軽減します。四日市で妊娠中の腰痛でお困りの方は当院にご相談ください。お力になれると思います。

こちらで腰痛の治し方については解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】橋爪接骨院の腰痛の治し方について

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の橋爪接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

PAGE TOP