BLOG

腰痛治療

橋爪接骨院で行っている腰痛の治し方について詳しくご説明します!

橋爪接骨院の腰痛施術について

腰の治療こんにちは。「腰痛施術の匠」橋爪です。
今回は電話でよく聞かれる「どういう腰痛施術をするんですか?」についてお答えします。当院に来院する前にお読み頂くことをお勧めします。

腰痛について

腰痛の85%は原因不明と言われています。内臓由来の場合もありますし、施術が適応しないこともありますが、病気や怪我以外の腰痛のほとんどは筋肉が原因です。腰やお尻の筋肉に痙攣(ケイレン)が起きると腰痛が出現します。多くの場合、動作の癖や重心などによって、姿勢が変化して体が歪みます。体のバランスが崩れると一部の筋肉に負担がかかり、筋肉が短縮したり、痙攣を引き起こします。

施術の前に

問診表にもとづいて、腰痛の原因を詳しく調べていきます。姿勢や骨格、神経の流れなどを詳しく検査させて頂きます。その際に以前に手術をしたことや大きなケガをした事がある場合は差し支えない範囲で教えて頂くと施術の参考になります。どの部位が痛みの原因なのかを特定し、模型やパンフレット、ipadなどで患者さんにもご説明します。納得して頂いた上で施術にうつります。

当院の腰痛施術

施術の内容は腰痛を起こしている原因によっても異なります。筋肉の痙攣によって腰痛が引き起こされている場合は筋肉を緩めていきます。筋肉を圧迫してほぐすこともあれば、筋肉をリズムよく収縮させて緩めることもあります。また、カウンターストレインとよばれるオステオパシーのテクニックを使う事もあります。バランスの崩れによって筋肉に痙攣が起こっている腰痛であれば、バランスを整える施術を行います。骨盤や背骨の矯正を行う場合もありますし、筋肉の左右差などを整えることもあります。「施術は痛いですか?」とよく聞かれます。一番の原因を探っていきますので多少の痛みを伴うこともありますが、痛いといっても心地のよい痛みだとおっしゃる患者さんが多いです。独自の施術を行っていますが、施術内容は患者さんに合わせていますので、施術に対する不安があれば遠慮せずにお伝えください。

バランスを整えるということ

バランスを整えるという事は骨格や筋肉だけを整えることだけではありません。心と体はつながっていますので、心のバランスも整える必要があります。ギックリ腰になってしまう時や腰痛が慢性的に続く時の多くは心が乱れていることが多いです。心が乱れると自律神経まで影響を起こしてしまいます。そのように乱れた心にも変化を与えるカウンセリングや施術をしています。

施術の通院頻度について

腰痛施術腰痛を改善させるための橋爪接骨院への通院頻度についてご説明します。体のバランスを良くするのが施術の方針ですので、1カ月間は1週間に1回の来院をお勧めしています。症状が落ち着いたら2週間~3週間に1度の通院になります。症状が完全に改善した場合は様子をみて頂いても結構ですし、定期的に体をメンテナンスしたいという方は1カ月に1回ほどの通院をお勧めしています。しかし、症状や状態によって通院頻度は異なりますので、次に各症状別の通院頻度についてご説明します。

急性腰痛(ぎっくり腰など)

ぎっくり腰などの急性腰で当院を受診された場合の通院頻度についてです。急な強い腰痛で当院に来院された場合は施術を行い、3日後までに1度診せて頂きます。最初の施術で痛みがかなり軽減する方も多いですが、重症の場合は改善に数回必要なこともあります。痛みが軽減すれば、1週間に1回ほどの施術をお勧めしています。

慢性腰痛(ヘルニア・狭窄症なども含む)

3カ月以上前から続く慢性腰痛の通院頻度についてです。1カ月間は1週間に1回の来院をおすすめしています。症状が落ち着いたら2週間~3週間に1度の通院をお勧めしています。症状が完全に改善した場合は様子をみて頂いても結構ですし、定期的に体をメンテナンスしたいという方は1カ月に1回ほどの通院をお勧めしています。

骨盤矯正

産後や骨盤の歪みによる腰痛の通院頻度についてです。1カ月間は1週間に1回の来院をおすすめしています。骨盤の状態が良くなりましたら通院頻度を減らしていきます。定期的に体をメンテナンスしたいという方は1カ月に1回ほどの通院をお勧めしています。また、産後の骨盤矯正は産後1カ月後より可能ですが、腰痛が強い場合は早目にみせて頂く場合もあります。

コンディショニング

腰痛で当院を受診された方の7割くらいの方は体のバランスを整える施術を定期的に受けています。通院頻度は患者さんによっても異なりますが、1~2カ月に1度の方が多いです。また、スポーツ選手の中には試合の前後に来院される方もいます。骨盤などの体の歪みが強い方や筋肉の痙攣が残存している方には個別に説明して来院頻度を決めています。

施術が可能な腰痛について

腰痛の治し方橋爪接骨院で施術が可能な腰痛についてご説明します。整形外科などの病院にてヘルニアや狭窄症などと診断されていても当院にて施術が可能です。気になることや不安なことはお問い合わせ頂ければお答えします。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

重いものを持った瞬間やくしゃみなどをした瞬間に強い激痛が出現するぎっくり腰です。しかし、中には朝起きたら強い腰痛になってしまう場合や違和感程度だったのが徐々に激痛に変わるぎっくり腰もあります。いずれも原因は腰やお尻の筋肉に生じた痙攣(ケイレン)が原因です。強い痛みが続いてしまうと慢性痛になってしまうため、早急に施術を開始することをお勧めします。

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛で病院を受診すると、MRI検査などにて腰椎椎間板ヘルニアと診断されることがあります。ヘルニアは椎間板が突出している状態のことを言いますが、痛みや正座した時のようなビリビリとした感覚のシビレの直接的な原因にはなりません。痛みやシビレは筋肉に生じた痙攣(ケイレン)が原因です。ヘルニアによる怖い本当の症状は筋肉に力が入らなくなったり、触った感覚がなくなるなどの麻痺という症状です。たとえヘルニアがあったとしても、正常な腰ではないことは確かですが症状がなくなれば生活に支障はでません。痛みやシビレがあっても麻痺のないヘルニアであれば、筋肉を緩めることによって症状は改善します。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症も腰椎椎間板ヘルニアの説明と同様です。痛みやシビレは筋肉に生じた痙攣(ケイレン)です。痛みやシビレがあっても麻痺のない脊柱管狭窄症であれば、筋肉を緩めることによって症状は改善します。間欠性跛行と呼ばれる長時間歩くと脚が痛くなるという症状の原因も筋肉が原因です。

すべり症

すべり症も腰椎椎間板ヘルニアの説明とほぼ同様です。しかし、すべり症の患者さんは反り腰であることが多いので、反り腰に対する施術を行います。しっかり筋肉を緩めておかないと、年齢が進み、体のバランスが崩れてくるとすべりが進行してしまいます。状態によっては将来手術が必要になってしまう可能性があるため、できるだけ早期に適切な施術を行うことをお勧めします。

分離症

分離症に関しては発見された年齢や程度によって異なります。成長期にMRI検査やCT検査で見つかった初期の分離症に関してはコルセットと安静によって分離部の癒合が期待できます。しかし、レントゲン検査ではっきりとわかる分離症に関しては癒合が困難です。分離症とうまくつきあっていく必要があります。急性期ではない分離症も腰椎椎間板ヘルニアの説明と同様です。ほとんどの痛みは筋肉が原因ですので、施術により改善が期待できます。

脊柱側彎症

脊柱側彎症に対する施術も当院で行っています。一般的には側彎症は改善しないと言われていますが、施術により改善する可能性があります。思春期特発性側彎症の場合はレントゲン検査などの定期的な病院への受診が必要です。しかし、側彎症に対する直接的な治療は行われないことがほとんどで、重症な場合のみ大きなコルセットの治療を行います。患者さんにとっては側彎が進行するのではないかと、すごく心配されてあちこちの病院や整体などを受診するケースが多いです。橋爪接骨院には成長期から高齢者の側彎症患者さんが多数来院されています。少しでも側彎症が改善する可能性を信じたい方はご相談ください。お力になれると思います。

慢性腰痛

慢性腰痛の痛みの原因は非常に複雑です。まず、急性の腰痛と痛みの種類が異なります。様々な視点からの施術が必要になります。原因も患者さんによって様々ですので、しっかり検査やカウンセリングをさせて頂き、バランスを整える施術を行います。

交通事故による腰の怪我

交通事故によって腰を捻挫したり、打撲することによって起こる腰の怪我に対しての施術も行っています。病院での診断名は腰部挫傷や腰椎捻挫、腰部打撲などになります。衝撃が強いと骨折やヘルニアを起こすこともあります。自動車保険(自賠責保険・任意保険)の適応となるため、窓口負担は基本的にかかりません。病院からの転院や病院と橋爪接骨院の両方に通うこともできます。不明な点はお電話やLINE、メールなどでご相談ください。

その他の腰痛

  • トリガーポイントによる腰痛
  • 産後の腰痛
  • 仙腸関節が原因の腰痛
  • 骨盤の歪みによる腰痛
  • 妊娠中や産後の腰痛
  • 梨状筋症候群
  • 圧迫骨折後の腰痛
  • 筋筋膜性疼痛症候群
  • 猫背などの姿勢による腰痛
  • 坐骨神経痛
  • その他さまざまな腰痛

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の橋爪接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

関連記事

  1. トリガーポイントの治療
  2. 足底筋膜炎の治療
  3. トリガーポイントの治療
  4. 妊婦の腰痛治療
  5. 菰野からの患者さん
PAGE TOP