BLOG

オスグッドの少年

四日市でオスグッドの治療!

こんにちは。四日市の橋爪接骨院です。
小学高学年の子供が膝の前を痛がって病院に行くと、オスグッド・シュラッター病だと診断されるケースが多いです。いわゆる成長痛の一つですが、運動したいのに痛みが長引くことがあります。今回はこのオスグッドについて詳しく解説したいと思います。

オスグッドについて

オスグッドの小学生運動に一生懸命な子供ほどオスグッドになってしまいます。まずは基本的な病態についてお伝えします。

オスグッドとは

脛骨粗面と呼ばれているお皿の下の骨が徐々に突出してきて、痛みが出現します。初期では突出していなくても、痛みが出現します。症状が強いと赤く腫れたり、熱をもち強く痛みます。運動を休んでいると痛みが無くなりますが、運動を再開すると痛みが再発することが多いです。

オスグッドの特徴

発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。10~15歳の成長期の子供が走るスポーツやサッカーなどの蹴る動作が多いスポーツをやり過ぎると発生します。そのため、成長痛とも言われます。

原因

大腿四頭筋という太ももの前の筋肉は膝蓋骨を経由して膝を伸ばす力として働きます。この膝を伸ばす力やジャンプ動作の繰り返しにより大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨粗面を引っ張るために、過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。成長期は急激に軟骨から通常の骨へと成長する時期であるため、特に痛めやすいのです。

診断

特徴的な上記症状と同部の押さえた時の痛みや外観上の隆起で診断可能です。あまりにも突出が大きい時はレントゲン検査を行うことが望ましいです。重症の場合は骨が割れてしまうこともあります。

オスグッドの治療

オスグッドの治療オスグッドは成長期の病気で、成長が終了すると、多くは痛みが消失します。しかし、ひどいオスグッドだと大人になっても、膝の前が出っ張っていて、板の間で正座ができないなどの不具合が生じます。

橋爪接骨院の施術

痛い時期はできるだけ運動を控えることが大切です。症状を強くさせないためには、大腿四頭筋を緩める必要があります。橋爪接骨院では効果的に大腿四頭筋を緩める方法を行い、自宅でも実践して頂きます。そして、運動後はアイシングや冷湿布などを行い、患部を冷やす必要があります。痛みがなくなればスポーツは可能ですが再発が多いため慎重に復帰することが望ましいです。発症後3~6ヵ月はスポーツをすると症状が強くなるので、スポーツ前後にストレッチやアイシング、サポーターやテーピングなどをした上で運動することをお勧めします。

実はトリガーポイント!?

オスグッドの施術をしていると、ほとんどの子供さんの太ももにトリガーポイントと呼ばれる筋肉の痙攣(ケイレン)が隠れています。このトリガーポイントがなくなるだけで、膝が曲げやすくなったり、痛みが軽減します。痛みが出ているスネの前だけ気になると思いますが、筋肉を緩めることで症状が改善するケースが非常に多いです。

まとめ

オスグッドのまとめ

小学生の膝に起こることが多いオスグッドについて、特徴や原因、治療法などについて解説しました。繰り返すオスグッドでお悩みの方はご相談ください。お力になれると思います。

トリガーポイントについては詳しく解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】トリガーポイントについて

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約は電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

PAGE TOP