BLOG

脱臼した赤ちゃん

四日市で赤ちゃんの肩が脱臼したら!

こんにちは。「腰痛施術の匠」橋爪接骨院の橋爪です。

Twitter:@zumeryota  Instagram:@zumeryota

公園で歩き始めた赤ちゃんと遊んでいて、転倒しそうになった時に手を引っ張った。

すると、赤ちゃんが号泣して肩からだらりと腕を下げた状態で手を使わなくなってしまった。

肩が脱臼してしまったのではないかと心配ですよね。

そんな方のご参考になればと思いこの記事を書きました。

赤ちゃんの脱臼

脱臼した赤ちゃん

赤ちゃんの脱臼で多いのは生まれた時に股関節が外れている先天性股関節脱臼です。

そして、もう一つは急に手を引っ張った際に肘が外れる肘内障です。

肘が外れると肩からだらっと脱力して動かさなくなるので肩が脱臼したのではないかと思われる方が多いです。

肩の脱臼と勘違いされる肘内障について

脱臼した赤ちゃん

肩が外れたと思われた赤ちゃんの原因は肘の問題だったのです。

簡単に説明させて頂きます。

肘内障とは

肘内障は肘の脱臼の分類に入りますが、完全な脱臼とは少し違います。

通常の脱臼が関節から骨が逸脱するのに対して肘内障は肘の靭帯から肘の外側の骨(橈骨頭と言います)が外れかかることによって起こります。

5歳以下の子供に発生し、2歳前後の赤ちゃんに多く発生します。

イヤイヤ期が始まった頃に言うことを聞かないので、ついついひっぱってしまい外れてしまうケースが多いです。

小学生の低学年でも起こると言われていますが非常にまれです。

診断

母親さんからのお話によって受傷時の状況を聞きます。

そして、症状は肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、痛がって動かそうとしないことなどから、肘内障を疑います。

多くは手のひらが下を向いて上向きにできないことが多いのですぐに分かります。

肘内障の治療

脱臼した赤ちゃん

肘内障は昔から接骨院で治療されていました。

老舗の接骨院や整形外科で勤務していた院長がいる接骨院であれば、治した経験が豊富だと思いますのでおすすめです。

橋爪接骨院での治療をご紹介します。

橋爪接骨院の治療

徒手整復と言って外れかけた靭帯を外して元に戻す治療を行います。

実は治し方にはいくつか方法がありますが、一番負担が少なくて安全な方法で整復させていただきます。

通常はすぐに元通りになり、手を使えるようになります。

治った後はいつも通り手を使って遊んでもかまいません。

ただ、手を引っ張ると繰り返し外れることもあります。

当院では肘内障の効果的な予防方法もお伝えします。

橋爪院長の治療動画

四日市で赤ちゃんの肩が脱臼したらのまとめ

肘内障のまとめ

赤ちゃんの肩が脱臼したように見える肘内障について、原因や治療方法などを詳しく説明しました。

健康保険の適応となりますので保険証をお持ちください。

予約制ですので、必ずお電話か公式LINEにてご連絡をお願いします。

LINEであれば診療時間外でも受け付けることができますので夜間や休日の際はご活用ください。

手を引っ張ってしまった後に赤ちゃんの肩が脱臼したように見える場合は四日市の橋爪接骨院にご相談ください。

お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院

近鉄四日市駅の西出口から徒歩5分で駐車場あり。土曜日・日曜日もやってます!

予約制で他の患者さんと会うことはほぼありません。予約は初検料がお得なネット予約がおすすめです。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号ネット予約橋爪接骨院のLINE予約

関連記事

  1. 子供の患者さん
  2. 腕が抜けた子供
PAGE TOP