BLOG

四日市で頭痛のあるスマホ肩の治療!

こんにちは。四日市の橋爪接骨院です。
今回は最近急増しているスマホ肩について解説したいと思います。ずっと、スマホを使っていると肩や首に不調が出てきます。重症になってくると頭痛まで出現することもあります。肩こりや頭痛でお悩みの方は参考になさってください。

スマホ肩について

肩こりの患者さんスマホが全世代の方に普及してから肩こりを訴えて橋爪接骨院を受診する患者さんが増えてきました。最近、メディアで話題のスマホ肩について解説したいと思います。

スマホ肩とは

スマホを長時間使用することによって生じる首や肩の不調をスマホ肩と言います。その他にもスマホ首やスマートフォン症候群などと呼ばれることもあります。また、特に猫背になって肩が前に入り込んでしまう姿勢をスマホ巻き肩と呼んでいます。肩こりや首こりが出現しますが、悪化すると頭痛やシビレまで出現します。そして、重症化すると姿勢の悪化から腰痛やお尻の痛みまで出現してしまいます。お尻や骨盤の外側が硬くなるとスマホ肩の症状は強くなります。

原因

スマホを悪い姿勢で長時間使用することが一番の原因です。特に60分以上スマホを使用している20歳代の女性に多い傾向があります。ゲームやLINE、SNSなどに熱中している間に、姿勢が崩れていき、知らない間に肩こりなどを感じるようになります。それを毎日くり返すことにより、本当に姿勢が悪くなってしまうんです。そして、姿勢だけではなく、スマホ巻き肩では吸い込む酸素の量が減ることも問題視されています。全身の血流が滞り疲労感や記憶力の低下などの全身症状が出現する場合もあるんです。

症状

  • 肩こり
  • 首こり
  • 猫背
  • 巻き肩
  • 肩甲骨の内側の痛み
  • 手や腕のシビレ・だるさ
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 目の疲れ
  • 肩の可動域低下
  • 肩甲骨の内側が浮き出てくる
  • 40肩
  • 首を反ると痛む
  • 息苦しさ
  • 肘が伸びにくい
  • 頭痛
  • めまい
  • 集中力の低下
  • 耳鳴り

スマホ肩で硬くなる筋肉

  • 僧帽筋
  • 胸鎖乳突筋
  • 斜角筋
  • 肩甲挙筋
  • 後頭下筋群
  • 広背筋
  • 大円筋
  • 大胸筋
  • 小胸筋
  • 母指球筋

スマホ肩の治療

スマホ肩の治療

スマホ肩による肩こりや首の痛みで病院を受診すると、湿布や痛み止めなどを処方されますが根本的な原因は指摘されない場合が多いです。橋爪接骨院での治療についてご紹介します。

実際の治療方法

スマホ肩の治療は症状を出している筋肉を緩めて、姿勢を改善させることを行います。重症化して巻き肩になっている場合は広背筋や胸筋をストレッチや筋膜リリースなどによって緩めていきます。また、姿勢の悪化により骨盤も歪んで腰痛も出現しているケースが多いため、骨盤の調整も同時に行うことがあります。特にスマホ肩では骨盤の外側や太ももの筋肉が硬くなっているパターンが非常に多いので、筋膜リリースによってしっかり緩めていくとスマホ肩による症状は改善されます。

スマホ肩の対策

スマホを長時間する時は肩周りの血行を良くするために、最低10分おきには肩甲骨を回したり、肩のストレッチをするなどをする必要があります。そして、同じ姿勢は避けて、スマホを持つ手も交互にかえると良いです。また、目も疲れてくるため、時々温めてあげたり、しっかり閉じて目が渇かないようにする必要があります。もちろん、十分な睡眠も重要です。

まとめ

肩こりのまとめ話題のスマホ肩について原因と治療方法、対策などを解説しました。スマホ肩は症状を出している筋肉を緩めて、姿勢を良くすることで改善されます。スマホを使っていると首や肩がこってきて頭痛まで出現している方はご相談ください。お力になれると思います。

こちらで重症の肩こりについては解説していますのでご参考にしてください

【重要】肩こりが原因の耳鳴りと特発性難聴の治療!

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の橋爪接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

PAGE TOP