BLOG

子供の腕が抜ける

四日市で赤ちゃんの肘の脱臼治療!

赤ちゃんの肘の脱臼

赤ちゃんの手を引っ張ると簡単に肘が外れます。肘が外れると肩からだらっと脱力して動かさなくなるので肩が脱臼したのではないかと思われる方が多いです。しかし、実際は肘の脱臼で正式名称は肘内障と言います。

赤ちゃんの肘内障

肘内障は完全な肘の脱臼とは少し違います。通常の脱臼が関節から骨が外れるのに対して肘内障は肘の外側にある靭帯が肘の骨から外れかかることによって起こります。5歳以下の子供に発生し、2歳前後の赤ちゃんに多く発生します。引っ張って発症することが圧倒的に多いですが、赤ちゃんが自分で行った寝返りでも発生することがあると言われています。また、まれに小学生でも起こります。

肘内障の診断

母親さんからのお話によって受傷時の状況を聞きます。そして、症状は肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、肘内障を疑います。中には手を強く引っ張った記憶がないとおっしゃる方も多いです。手の向きなどの条件が合うと軽い力でも外れることがあります。動かすと痛みが出るのでできるだけ早く治してあげる必要があります。

肘内障の治療

外れかけた靭帯を元に戻す徒手整復を行います。通常はクリック音とともにすぐに治り、手を使えるようになります。治ったら、手を使って遊んでもかまいません。ただ、再度手を引っ張ると繰り返し外れることもあります。当院で治療させて頂いた際は肘内障の予防方法もお伝えさせて頂きます。健康保険の適応となりますので保険証をお持ちください。

肘内障の治療動画

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
T E L :059-336-6950
休診日:火曜日・祝日

coubicネット予約
LINE予約

関連記事

  1. 子供の腕が抜ける
  2. 子供の腕が抜ける
PAGE TOP