BLOG

子供の患者さん

四日市で赤ちゃんの肘関節脱臼を治療!

こんにちは。四日市市の橋爪接骨院です。
赤ちゃんがよたよた歩き始めて、こけそうになった時に手を引いた際に号泣!離しても手が脱力していて動かそうとしてくれない。触るととても痛がってずっと泣いている。こんな時は肘に原因がある可能性が高いです。今回は赤ちゃんの肘関節に起こった脱臼について解説したいと思います。手を引っ張った後に赤ちゃんが肘を痛がって動かそうとしない時はこの記事を参考になさってください。

赤ちゃんの肘関節脱臼

脱臼した赤ちゃん赤ちゃんの手を引っ張ると簡単に肘が外れます。肘が外れると肩からだらっと脱力して動かさなくなるので肩が脱臼したのではないかと思われる方が多いです。しかし、実際は肘の脱臼で正式名称は肘内障(ちゅうないしょう)と言います。

肘内障(ちゅうないしょう)について

肘内障は完全な肘の脱臼とは少し違います。通常の脱臼が関節から骨が外れるのに対して肘内障は肘の外側にある靭帯が肘の骨から外れかかることによって起こります。5歳以下の子供に発生し、2歳前後の赤ちゃんに多く発生します。引っ張って発症することが圧倒的に多いですが、赤ちゃんが自分で行った寝返りでも発生することがあると言われています。はっきりとした原因がわからずに肘内障になってしまったという事例もあります。また、ほとんどは幼児に起こりますが、まれに小学生でも起こります。

多いケース

  • スーパーで買い物中に言うことを聞かなくて手を引っ張って受傷
  • 公園で遊んでいて転倒しそうになった時に手を引っ張って受傷
  • 歩道から車道に出そうになった子の手を引っ張って受傷
  • 親が両手を持ってブランコのようにしようとして受傷
  • 昼寝中に赤ちゃんが寝がえりをした際に腕が巻き込まれて受傷

肘内障の診断

肘関節脱臼の赤ちゃん

痛がって腕を使わなくなってしまった赤ちゃんが来院された時に肘内障だと判断するポイントを解説します。

これが肘内障!

母親さんからのお話によって受傷時の状況を聞きます。そして、症状は肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、肘内障を疑います。中には手を強く引っ張った記憶がないとおっしゃる方も多いです。手の向きなどの条件が合うと軽い力でも外れることがあります。動かすと痛みが出るのでできるだけ早く治してあげる必要があります。

ここが重要!

ほとんどの例が手を引っ張ったという原因があります。この原因を教えて頂ければ、まず肘内障を疑うことがあります。しかし、中には引っ張ってしまったことを教えてくれないケースもあります。この場合は判断に迷うんです。赤ちゃんが肘を痛がって動かさない場合は骨折などを疑わなければなりません。赤ちゃんの骨折は成長とともに後遺症が出現する場合もあり慎重に治療を行う必要があります。もし、原因がはっきりする場合は教えて頂くと非常に参考になります。

治療方法

肘内障の治療

肘内障は通常すぐに良くなりますが、中にはなかなか治らないこともあります。熟練度の低い方が治そうとすると時間がかかったりして、赤ちゃんの負担が増えてしまうこともあります。橋爪接骨院での治療方法についてご説明します。

当院の治療

外れかけた靭帯を元に戻す徒手整復を行います。いくつか徒手整復の方法がありますが、橋爪接骨院では一番痛みが少なく改善率の高い方法で行っています。通常はクリック音とともにすぐに治り、手を使えるようになります。治ったら、手を使って遊んでもかまいません。ただ、再度手を引っ張ると繰り返し外れることもあります。当院で治療させて頂いた際は肘内障の予防方法もお伝えさせて頂きます。健康保険の適応となりますので保険証をお持ちください。

肘内障の治療動画

まとめ

肘内障の記事まとめ赤ちゃんの手を引っ張った際に起こる肘の脱臼(肘内障)について解説させて頂きました。四日市で赤ちゃんの肘内障でお困りの際はご相談ください。当院は予約制ですので、必ずお電話やLINEなどにて連絡をお願いします。夜間や休日、電話がつながらない時はLINEが便利ですのでご活用ください。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約は電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号ネット予約橋爪接骨院のLINE

 

関連記事

  1. 腕が抜けた子供
  2. 脱臼した赤ちゃん
PAGE TOP