BLOG

四日市で子供の肘が抜けたら連絡ください!

こんにちは。四日市の橋爪接骨院です。
今回は子供の肘が抜けてしまった場合についてわかりやすく解説したいと思います。買い物をしていて子供が言うことを聞かなかったので手を引っ張った時など、痛がって手を使おうとしなくなってしまった場合はこの記事を参考になさってください。

子供の「肘が抜ける」とは

肘の脱臼

「子供の腕が抜けた」とよく耳にするかもしれませんが、実は肘に原因があるんです。

肘が抜けた!

子供と手をつないでいて急に手を引っ張ると簡単に肘が抜けます。初めてだとすごく焦って心配になると思いますが安心してください!すぐに手を使えるようになります。後遺症も残りません。肘が外れると肩から手が脱力して動かそうとしなくなるので肩が脱臼したのではないかと思われる方が多いようですが実際は肘の脱臼であり、肘内障(ちゅうないしょう)と言います。

子供の肘内障について

肘内障は完全な脱臼とは少し違うんです。通常の脱臼が関節から骨が外れるのに対して肘内障は肘の靭帯が肘の外側の骨から外れかかることによって発生ます。2歳前後の赤ちゃんに一番多く発生しますが、5歳以下の子供に発症することが多いと言われています。引っ張って発症することが多いですが、赤ちゃんが自分で行った寝返りでも発生することがありますので注意が必要です。また、まれにではありますが、小学生でも起こると言われています。

肘内障の診断

まず、母親さんから受傷の状況を詳しく聞きます。2回目の子供さんの場合は慣れているので「また外れてしまいました」と言って当院に来院されることも多いです。そして、症状は肘をやや曲げた状態で腕を下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、肘内障を疑います。中には手を強く引っ張った記憶がないとおっしゃる方も多いです。また、手の向きなどの条件が合った状態で引っ張ると軽い力でも外れることがあります。

注意すること

手を引っ張って起こるのは肘内障の場合が一番多いです。しかし、まれに鎖骨骨折や肘の骨折が隠れている場合があるので、治療前に必ずチェックさせて頂きます。

肘内障の治療

子供の治療

肘内障の治療は接骨院で受けることができます。通常は瞬時に治るので一番感謝されるケガの一つです。

治療方法

外れかけた靭帯を元に戻す徒手整復を行います。通常は「コリッ」と言うクリック音とともにすぐに元通りになります。良くなったら、手を使って遊んでもかまいません。ただ、再度同じように手を引っ張ると繰り返し外れることもあります。当院で治療させて頂いた際は肘内障の予防方法もお伝えさせて頂きます。健康保険の適応となりますので保険証をお持ちください。

橋爪接骨院での肘内障治療動画

 

まとめ

肘内障のまとめ子供の肘が抜けてしまう肘内障について、原因や治療方法などについてわかりやすく解説しました。四日市で子供の肘が抜けてしまった時はご相談ください。必ずお電話やLINEなどにて連絡をお願いします。夜間や休日、電話がつながらない時はLINEが便利ですのでご活用ください。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

関連記事

  1. 腕が抜けた子供
  2. 脱臼した赤ちゃん
  3. 子供の患者さん
PAGE TOP