BLOG

産後の患者さん

産後の骨盤矯正で体型を取り戻す!

こんにちは。四日市の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院です。
今回は産後の骨盤矯正について解説したいと思います。妊娠や出産により骨盤は必ず開いてしまいます。女性が人生でここまで急激に体が変化する出来事はないと思います。腰痛がある方や骨盤の不安定感が気になる方は参考になさってください。

産後の骨盤について

産後の患者さん産後は骨盤が開いてしまい、体幹が不安定となり腰痛や肩こりなどの原因となります。

産後による骨盤の歪み

骨盤はホルモンや急激な姿勢の変化によって、妊娠中から徐々に開いていきます。さらに出産によって赤ちゃんが骨盤の中を通る際に一気に開いてしまいます。帝王切開をされた方も骨盤は開いてしまう方が多いです。産後は赤ちゃんへの授乳や抱っこをするため、横座りなどの不自然な態勢によって骨盤が歪みます。特徴としては腰や背中の痛みも出現しますが、お尻の痛みを訴える患者さんが非常に多いです。そして、妊娠前の体型に戻りづらくなってしまいます。

産後に起こる症状

  • 腰痛
  • ギックリ腰
  • お尻の痛み
  • 太ももやふくらはぎの痛み・しびれ
  • 肩こり
  • 骨盤の不安定感
  • 股関節の捻じれ
  • 恥骨(ちこつ)の痛み
  • 尾底骨の痛み
  • こむら返り
  • 体型がもどらない

開いたまま放置すると・・・

骨盤が歪んでいたり、開いたまま放置してしまうと腰痛や肩こりだけではなく、体型が戻りづらくなるなどの様々な不具合が出現します。たとえば、骨盤が前傾し骨盤が開いてしまうと、骨盤底筋が緩んでしまうため尿漏れが生じます。そして、内股になりO脚や外反母趾となる可能性が高まります。もちろん、1回目の出産より2回目、2回目より3回目の出産の方が歪む可能性は高まります。若いうちは大丈夫でも、年齢を重ねてくるとたくさんの不具合が生じてきます。戦後にたくさん出産をされた高齢者さんを見てみるとよくわかると思います。

骨盤矯正による治療

骨盤の治療中近年、産後の骨盤ケアがメディアでとり上げられ、骨盤矯正を行っている施設が増えてきました。妊娠前の体型を取り戻すために橋爪接骨院で行っている治療についてご紹介します。

骨盤矯正

出産により歪んでしまった骨盤がどのような状態になっているかを確認していきます。骨盤は腸骨と坐骨、恥骨、仙骨などから構成されています。傾きや開き具合などを検査し、治療の方針を決めていきます。出産により骨盤は開いてしまいますが、その状態でしめてはいけません。必ず左右差などの歪みを整えた上で骨盤をしめていかなければなりません。骨盤矯正と聞くと痛みを伴うような強い矯正を想像されるかもしれませんが、強い痛みが出るようなことはありません。治療を受けられた患者さんに感想を聞くと、骨盤が整っていく時は心地の良い感覚になると言われます。体型を取り戻すために最初の1ヵ月間は1週間に1回の通院をお勧めしています。そして、骨盤の状態が良くなりましたら通院頻度を減らしていきます。矯正後に定期的な体のメンテナンスをしたいという方は1~2カ月に1回ほどの通院をお勧めしています。産後の骨盤矯正は産後1カ月後より可能ですが、腰痛や肩こりが強い場合は早目にみせて頂く場合もあります。出産後、半年以上が経過してしまった場合、年齢などにもよりますが提案する骨盤矯正の回数や頻度が増えてしまう可能性があります。

腰痛・肩こりの治療

骨盤や背骨が歪んでしまうと土台が安定しないため、腰痛や肩こりになってしまいます。橋爪接骨院は腰痛をメインに治療していますので、骨盤矯正に加えて腰痛や肩こりの治療も行っています。

通院について

橋爪接骨院は完全予約制です。託児はありませんが、施術中に他の患者さんがいないため、周りを気にすることはないと思います。居心地のよいバウンサーや布団などを持ってきて頂いても大丈夫です。もちろん、旦那さんが付き添いで一緒に来て頂いてもいいです。不明な点がありましたらLINEやネット予約システムからお問合せください。

まとめ

記事のまとめ産後の骨盤の変化や骨盤矯正によって体型を取り戻すことについて解説しました。四日市で骨盤を整えたい方は橋爪接骨院にご相談ください。お力になれると思います。

産後のギックリ腰についてはこちらで解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】産後のギックリについて

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

関連記事

  1. 産後のぎっくり腰
PAGE TOP