BLOG

産後のギックリ腰は四日市の橋爪接骨院へ!

菰野から産後のギックリ腰で来院

菰野から産後1カ月のママさんが当院に来院しました。赤ちゃんのオムツ交換をしていて強い腰痛が出現したとのこと。症状を確認すると産後に多くみられるタイプの強いギックリ腰でした。来院された時は旦那さんに連れられて来て、歩くのも辛そうでした。症状が強く、筋肉の強い痙攣(ケイレン)が認められたため、症状の改善には約3回ほどかかると説明しましたが、初回の施術で症状はかなり改善したそうです。その後痛みは徐々に軽減。3回の施術で今では赤ちゃんを普通に抱っこできるようになるまで改善されました。

産後のギックリ腰

産後は骨盤の緩みなどの影響でギックリ腰になりやすいです。妊娠中に腰痛があった方は特に強いギックリ腰になってしまうケースが多いと言われています。産後1ヵ月は赤ちゃんの夜泣きや授乳などでお母さんは大変です。睡眠もろくにとれない事が多く疲労が溜まってしまいます。この状態は非常にギックリ腰になりやすい状態なんです。今後の子育ても不安になってきてますます痛みを強く感じてしまいます。しかし、授乳中は痛み止めなどの内服薬も使用できないことが多く、お困りの女性が非常に多いんです。

産後の腰痛対策

産後の腰痛対策として、妊娠中から腰のケアをすることが一番良いです。妊娠中は出産に備えて、妊娠初期からホルモンによって骨盤や筋肉、靭帯、関節が緩んでいます。お腹が大きくなってくるとお腹を支えるために、腰は反り腰の状態になり、腰部の筋肉が緊張しやすい状態になります。妊娠中にケアをしておくことで産後の腰痛予防と出産がしやすい状態にすることができます。出産後は骨盤がゆるゆるになっています。すぐに立って歩きまわるなどして、腰に負担をかけると腰痛が悪化しますので身の回りのことはできるだけ夫にお願いしましょう。産褥期と言われる産後1カ月は体を休める必要があります。赤ちゃんの沐浴や上の子の世話もお母さんがみている場合は休むことができずに腰痛が増強し、ギックリ腰になる可能性も高いです。夜間も夜泣きで寝ることができずに睡眠不足となることが多いので、日中にでも仮眠をとれるように家族の方にお願いしましょう。

産後の腰痛治療

産後は授乳などの影響で痛み止めや湿布などによる治療ができません。整形外科を受診してもコルセットや骨盤ベルトをつけて安静にしてくださいと言われるだけのことが多いです。ストレッチや骨盤ベルトも効果的な場合がありますが痛みを起こしている筋肉を緩めて、崩れてしまった体のバランスを良くする必要があります。そして、大切なことは水分を多めにとることです。授乳もしていると知らぬ間に水分不足となってしまい、筋肉が緊張し、痙攣(ケイレン)しやすい状態となってしまうことがあります。積極的な水分摂取も腰痛の治療には必ず必要です。また、当院では腰痛治療を行いながら産後の骨盤矯正も行います。四日市で産後のギックリ腰でお困りの際は橋爪接骨院にご相談ください。お力になれると思います。

産後の腰痛

橋爪接骨院では産後の腰痛に対する治療を行っています。出産によって開いてしまった骨盤は不安定な状態になっていますのでお尻や腰の筋肉が骨盤を守ろうとして過剰に働きます。その結果、筋肉が硬くなってしまい強い腰痛が出現してしまいます。

産後1カ月が要注意

特に産後1か月は赤ちゃんが何度も泣くため、悪い姿勢で授乳も繰り返します。さらには睡眠不足となり、疲労も重なっていき、強い腰痛が出現してしまいます。可愛い赤ちゃんを抱っこしたくても腰が不安。そんな時は四日市の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院にご連絡ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
T E L :059-336-6950
休診日:火曜日・祝日

coubicネット予約
LINE予約

関連記事

  1. 産後の腰痛
PAGE TOP