BLOG

腰椎椎間板ヘルニアの治療

脚まで痛くてしびれる腰椎椎間板ヘルニアの治療!

こんにちは。「腰痛施術の匠」橋爪接骨院の橋爪です。
今回は脚まで痛くてしびれる腰椎椎間板ヘルニアの治療について詳しく説明したいと思います。おしりや脚まで痛みやシビレのある腰痛で整形外科を受診した場合にヘルニアの可能性があると言われた方は是非参考になさってください。

腰椎椎間板ヘルニアとは

ヘルニアとは整形外科を受診された際に症状やMRI検査の結果から腰椎椎間板ヘルニアと診断される事は非常に多いです。しかし、あきらめないでください!痛みは改善する可能性が高いです。

病態

椎間板ヘルニアとは椎間板から髄核がとび出ることを言います。多くの医療機関ではヘルニアが神経を圧迫することで、痛みやシビレが生じると現在も説明されています。しかし、ヘルニアが神経を多少圧迫しても腰痛やシビレは出現しません。痛みを起こしているのは筋肉なんです。これは世界的な常識となっています。

痛みの原因

痛みを起こしているのは筋肉にできたスパズムと呼ばれる痙攣(ケイレン)です。これをトリガーポイントと言います。トリガーポイントの状態が悪化すると痙攣(ケイレン)が強くなって、他の場所に痛みをおくるようになります。これが椎間板ヘルニアによる痛みの原因なんです。実はシビレも筋肉が原因で生じている場合がほとんどです。椎間板から飛び出たヘルニアが神経を多少圧迫しても腰痛は出現しません。骨盤や体の歪みが一部分の筋肉を硬くさせてしまい痛みやシビレを出現させています。腰痛で病院を受診して、脚やお尻に痛みやシビレがあるとMRI検査を行うことがあります。検査の結果で「ヘルニアです」と言われても、直接的な痛み・シビレの原因にはなりません。

トリガーポイントによる症状

  • 腰の痛み
  • お尻や脚の痛み・シビレ
  • 座っていると痛みが増強する
  • 立っているのがつらい
  • 筋肉がピクピクする
  • お尻や腰の筋肉が硬くなる
  • 腰を反らすと痛い
  • 前屈した時に痛む
  • 下に落ちたものを拾うのがつらい
  • 脚のむくみ
  • 脚の筋力低下
  • 体が硬くなったと感じる
  • ひどくなると肩こりまで起こる

ヘルニアによる本当の症状

ヘルニアで一番怖いのは、痛みやシビレではなく麻痺なんです。麻痺の特徴的な症状は筋力が低下してしまう事や力が入らなくなる状態です。たとえば、つま先立ちができなくなったり、つま先を上げた状態で歩けなくなります。腰が痛くてできないのではなくて、力が入らなくなるんです。スリッパが脱げやすいというのも特徴的な症状です。もう一つは脚の感覚がなくなることです。触っても感じなくなるんです。わかりやすく言うと、歯医者さんの麻酔後は口の周りの感覚がなくなりますよね。その状態が脚に起こると要注意なんです。こういった麻痺の症状ではなく、痛みやシビレであれば施術により改善する可能性が高いです。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

橋爪の治療方法腰椎椎間板ヘルニアの症状は施術で改善することが多いんです。

実際の治療方法

腰痛や脚のシビレはトリガーポイントのある筋肉を施術により緩めて、体のバランスを良くすることで痛みは良くなります。良い体の状態をキープすることでトリガーポイントによる腰痛が改善していきます。トリガーポイントがある筋肉は持続的に圧迫することで緩みますが、状態によってはカウンターストレインと呼ばれる治療のテクニックや反復収縮を与えることで痙攣(ケイレン)が消失します。もちろん、ヘルニアが出ているということは、その部分の椎間板に負担がかかっていることは間違いないので骨盤や背骨、筋肉などの崩れた体のバランスを整える必要があります。体のバランスが良くなれば筋肉は緩んでいき、体の調子がよくなります。

手術をされた方へ

以前に手術をされていて、痛みやシビレが残っている方も施術可能です。筋肉が原因の腰痛は手術をしても改善しないことも多いです。実際、手術後に当院に通っている方もたくさんいます。決心して手術でヘルニアを完全に除去したのに痛みやシビレが残ってしまうこともあります。

まとめ

ブログのまとめ腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因はトリガーポイントです。筋肉や知覚の麻痺がなければ施術により改善する可能性は高いです。腰椎椎間板ヘルニアと診断されて腰やお尻の痛み、腰からくるシビレなど、どこに行っても治らない腰痛でお困りの方はご相談ください。お力になれると思います。

トリガーポイントについては詳しく解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】トリガーポイントについて

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の橋爪接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

 

関連記事

  1. ヘルニアの治療方法
PAGE TOP