BLOG

頚肩腕症候群の治療

四日市の交差点で追突による交通事故に遭ったら・・・

交通事故が多いパターン

交差点で最も多い交通事故のパターンは
信号機のない交差点での出会い頭衝突
です。次に多いのは右折時の衝突追突
事故
だと言われています。追突による事故
はいわゆる「おかまをほられた」という
事故ですね。追突事故の多いケースには
2つあります。
信号で停車中の車に後方から衝突する場合
と右左折のために停止した車へ追突する
場合です。そして、この追突事故の特徴と
して、衝突するまで気付かないことが多い
ことが挙げられます。そのため、衝突に
対する予測ができず、いきなり衝撃が起こ
ることで首や腰、背中を痛めやすいのです。

追突による交通事故

追突による交通事故では特に首を痛める
ことが多いです。
後方からの衝突により
首が鞭のようにしなってむちうち状態に
なることから
一般的に「むちうち」と呼ば
れています。しかし、整形外科を受診して
レントゲン検査などを行ってもらい診断
してもらっても「むちうち」という診断名
はありません。
整形外科における「むちうち」の診断名は
頸部挫傷や頸椎挫傷、頸部捻挫、頸椎捻挫、
外傷性頸部症候群、外傷性頸肩腕症候群、
外傷性頚椎症などになります。病院によって
は首を表す漢字が「頸」もしくは「頚」と
なります。したがって、診断名が頚部挫傷や
頚部捻挫などと表わされることがあります。

むちうちのメカニズム

後方からの追突によって、まず体が前方に
押されます。頭は取り残されて後ろに振られ
てしまうことで、
首が強く反ります。頭に
ヘッドレストがあったと
しても、運転中は
前傾姿勢に
なっているため、頭は後方に
振られますので、頚部の筋肉や
椎間板、
靭帯などに損傷が
生じます。このように
発生するむちうち過進展損傷と言い
ます。
そして、その反動で首の弾性に
よって頭が前方に振られて首が前屈し
ます。これを過屈曲損傷と言います。
衝撃が強ければ強いほど損傷は大きくなり
ます。しかし、後方からの予期せぬ衝撃は
低速の衝突であってもむちうち症になると
いう報告があります。

むちうち治療の流れ

交通事故に遭った場合、まずは整形外科
などの病院を
受診して、症状に応じて
レントゲン検査やMRI検査などを行い
ケガの診断を受けます。むちうちの場合、
骨に異常がない場合が多く、軽傷だと判断
され、湿布や痛み止めだけで様子見になる
ことがあります。むちうちは早期に適切な
治療を行う必要があります。通院中の整形
外科からの転院や整形外科と当院の両方に
通院することも可能です。

むちうちの治療

橋爪接骨院ではレントゲン検査に写らない
ような筋肉や関節の異常に対しても施術を
します。首の痛みが長引くと頭痛や手の
シビレなどの原因となります。四日市
交差点で追突事故に遭った場合はご連絡
ください。お力になれると思います。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 頚肩腕症候群の治療
  2. 頚肩腕症候群の治療
  3. 頚肩腕症候群の治療
  4. 頚肩腕症候群の治療
  5. トリガーポイントの治療
  6. 頚肩腕症候群の治療
PAGE TOP