BLOG

首の痛み

交通事故による腰痛・むちうち治療について

こんにちは。「腰痛施術の匠」橋爪接骨院の橋爪です。
交通事故は追突など思わぬ状況で発生します。特に初めての方は気が動転してしまい何をしてよいかわからなくなってしまいます。そこで、今回は追突などの交通事故治療について詳しくご説明したいと思います。

交通事故治療の流れ

腰痛治療交通事故の発生から治療までの流れを詳しくご説明します。交通事故に遭った直後は強い緊張状態によって痛みを感じにくい状態になっています。最初は違和感程度でも翌日に痛みが強くなるケースが非常に多いです。

交通事故発生後の流れ

  1. 安全の確保
    まずは二次災害が起こらないように身の回りの安全や相手の状況を把握します。早急に警察に連絡してください。場合によっては助けを求めたり、救急車を呼びましょう。
  2. 加害者の特定
    加害者の運転免許証の住所・氏名を確認。車のナンバーも必ず控えてください。携帯があれば、許可を得て写真を撮っておくことをお勧めします。
  3. 事故現場の確認
    事故現場を確認し、見取り図を作ったり、現場の写真を撮っておきましょう。ドライブレコーダーを装備していない場合は必ずしておいた方がいいです。後になると当時の記憶が薄れてしまったり、現場が変わってしまうこともありますので、必ず記録に残すようにしましょう。
  4. 自分の保険会社への事故報告
    ご自分の加入している自動車保険会社や保険の代理店に事故に遭ったことを報告してください。搭乗者保険に加入している場合は運転者だけではなく、同乗者も入院や通院の医療保障がありますので保障を受けることができます。
  5. 警察への届け出
    事故の報告は加害者の方が行いますが、被害者も必ず届け出を行いましょう。保険金の請求の際に必要な「交通事故証明」も申請してください。
  6. 病院で診察を受ける
    症状が軽度でも必ず診察や治療を受けてください。また、警察に提出する診断書をもらって届けてください。診断書を届け出ないと人身事故の扱いにされません。診断書を提出することで治療費の請求が可能となります。物損事故でも治療を受けることができる場合もありますが軽傷と判断されますので、症状が強い場合や後遺症が残りそうな場合は人身事故にすることをお勧めします。警察署では被害者側にも過失がある場合で、見た目が軽傷の場合は物損を勧められることもあります。(人身事故にすると警察側で作成する書類が多くなるそうです)
  7. 加害者の保険会社からの連絡
    保険会社の担当者さんにケガの状況を伝え、通院または入院する医療機関をお伝えください。通院する施設は救急車などで運ばれてきた病院に通院しないといけないわけではありません。通院しやすい医療機関をお伝えください。
  8. 当院へ連絡
    通院中の整形外科などの病院や接骨院、整骨院での治療で改善されない場合は当院にご連絡ください。不明な点はお電話やLINEによる相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

病院を受診される際の注意点

交通事故によってケガをした場合、骨折や脱臼などの重症の場合は救急車で大きい病院に運ばれることが多いですが、追突などによって腰痛や首の痛み(むちうち)などの怪我の場合は自分で整形外科を受診することになります。初めての方は急なことで緊張してしまい、少し首が痛い程度だったらたいしたことないと思って、病院にも行かずに様子をみてしまうことがあります。しかし、まずは整形外科などの病院を受診して、症状に応じてレントゲン検査やMRI検査などを行い診断を受ける必要があります。軽傷だと思っても、できるだけ早く病院を受診してください。数日後に痛みが出てきても事故との関連性がないと判断される可能性がありますので、当日病院に受診する方がいいです。そして、後になって痛い場所が増えても、因果関係がないと判断されることがありますので、痛みを感じる部位は必ず医師に伝えることが重要です。骨折や脱臼があった場合は骨や関節を治す治療の後、ギプスなどによる固定が行われます。レントゲン検査による大きな異常がない場合は投薬などの治療が開始されることが多いです。腰痛やむちうちの場合、外見ではわかりづらく、骨にも異常がない場合が多いです。そのため、軽傷だと判断されて湿布や痛み止めだけで様子をみることがあります。しかし、実際は骨に異常がなくても、強い痛みが出現する場合が多いんです。そして、効果が少ないと電気治療などによるリハビリを行うことがありますが、電気治療や温めるだけの治療では改善されないことも多いです。交通事故によるむちうちや腰痛は早期に適切な治療を行う必要があります。特にむちうち症は早い段階で適切な治療を行わなければ後遺症を残す可能性があります。症状が変わらないようであれば、通院中の整形外科からの転院や整形外科と橋爪接骨院の両方に通院することも可能です。

注意すべき事例

事故後、現場で加害者から「お金を渡すから、これで勘弁してください。警察にも連絡しないでください。」と言われることや、「怪我はないから物損で。」と一方的に進めてくる加害者もいますので痛いということを言いづらい状況になってしまうことも多いそうです。たとえば、口約束で5万円頂いたとします。しかし、車の修理費や怪我の治療費はもっと高額になる場合がほとんどです。車のちょっとしたキズでも10万ほどはすぐにいってしまいますよね。そして、治療費もかなりかかる場合もあります。ましてや後遺症が残った場合はお金では買えられないですよね。正しい手続きをして、適切な治療を受ける必要があります。交通事故に遭った直後は精神的な影響で痛みを感じにくいことがあり、後から痛みが出現するケースも多くあります。自分が被害者になってしまった場合、加害者から圧力をかけられて痛くても病院に行けなくなってしまう方もいます。しかし、大きな事故ではなくても、状況によっては意外と衝撃が強い場合もあるため注意が必要です。

治療の料金について

治療の料金交通事故によるケガの治療の料金について自動車保険を含めてご説明します。

橋爪接骨院の施術料金について

当院の交通事故によるケガの治療には自賠責保険や任意保険による自動車保険が適応となりますので治療費の窓口負担は無料になります。その他の医療機関によっては別途、自費負担を請求される施設もありますので注意してください。

使用する保険について

交通事故の治療は自賠責保険や任意保険などの自動車保険を使用して自由診療を受けることが通常です。基本的にはご自分の加入している健康保険での治療は行えません。健康保険は、交通事故でのケガには通常の手続きでは使用できません。しかし、加害者側が治療にかかる費用を抑えようとして、保険会社が被害者の健康保険を使ってほしいと言ってくる場合が多いんです。相手の不注意で起こったケガであるのに自分が保険料を支払っている健康保険を使用するのは納得いきませんよね。しかし、加害者側の保険会社は被害者に「健康保険を使っても被害者さんは慰謝料が受け取れますので同じですよ」と教えてくれる場合があります。たしかに慰謝料は受け取ることができますが、実は受けられる治療内容が大きく違うんです。健康保険での治療だと手技内容や時間、日数などに制限がかかります。症状が重いのに頻繁に通院していると必要以上に通院しているのではと判断されて通院の必要性を調査される事もあるんです。制限のない自由診療を受けることで、効果のある適切な治療を受けることができます。どの保険を使うかの選択権は患者さんにあります。事故のケガに対する適切な治療を受けるためには自動車保険を使用した自由診療をお勧めします。

腰痛と首の痛み(むちうち)について

むちうちの治療交通事故によって引き起こされる事の多い腰痛と首の痛みについて詳しく解説します。

交通事故による腰痛

交通事故による怪我はむちうちが一番有名ですが、意外と腰痛が引き起こされることがあります。

腰痛が出現するメカニズム

交通事故による衝撃があると体はとっさに防御しようとして、腰や背中の筋肉を強く収縮させます。その時に腰部や背部の筋肉を痛めるケースが非常に多いです。また、偏って座っていたり、停車中に横を向いている時に衝撃が加わってしまうと腰を捻じってしまうこともあります。また、もともと腰痛がある場合は症状が悪化することもあります。

交通事故による腰痛の症状
  • 腰の痛み
  • お尻の痛み
  • 足のシビレ・痛み
  • 前屈時の痛み
  • 腰の筋肉が張る
  • 腰を反らすと痛む
  • 長時間座っていると痛い
交通事故による腰痛の診断名
  • 腰部挫傷
  • 腰椎挫傷
  • 腰部捻挫
  • 腰椎捻挫
  • 背部挫傷

交通事故による首の痛み

交通事故による衝撃は首を痛める可能性が一番高いです。追突などの事故では多くの場合、シートベルトをしていて、体は固定されているので頭が振られて首を痛めます。いわゆる「むちうち症」の状態です。首の骨は頸椎だけであり周りは筋肉だけで支えられているだけですので痛めやすいです。もともと肩こりがある方が交通事故に遭うと悪化して頭痛や吐き気、めまいなどの原因にもなります。

「むちうち症」のメカニズム

追突によって体が前に押されます。頭は取り残されて後ろにふられて首が強く反ります。ヘッドレストがあったとしても、運転中は前傾姿勢になっているため、頭は後方に移動しますので、頚部の筋肉や靭帯、椎間板などを痛めます。これを過進展損傷と言います。そして、反動で首の弾性によって頭が前方に振られて首が前屈します。これを過屈曲損傷と言います。衝撃は強いほど損傷は大きくなりますが、後方からの予期せぬ衝撃は小さい衝突でもむちうち症になるという報告があります。

むちうちの症状
  • 首の痛み
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 手のシビレ
  • めまい
  • 倦怠感
  • 首を回した時の痛み
  • 起床時の痛み
  • 強い肩こり
  • 肩甲骨の内側の痛み
  • 肩の可動域制限
  • 精神的な緊張状態
むちうちの診断

追突などによる交通事故によって首がむち打ち状態になって、病院を受診をするとレントゲン検査を行い、「頸部挫傷」や「頸部捻挫」と診断されることが多いです。いわゆる「むちうち」ですが、痛みは強いのにレントゲン検査やMRI検査では異常が認められないこともあります。湿布や痛み止めだけで様子をみましょうと言われることが多いです。

むちうちの診断名
  • 頸部挫傷
  • 頸椎挫傷
  • 頸部捻挫
  • 頸椎捻挫
  • 外傷性頚肩腕症候群
  • 外傷性頸部症候群
  • 外傷性頚椎症

治療方法

事故の治療方法私は整形外科で10年間勤めていたので「むちうち」の知識が豊富です。そして、交通事故によるケガの治療経験が多いので、患者さんの症状に合わせた治療が可能です。初めて交通事故に遭った方はわからないことだらけでどのように対応していいのか、どこに受診したら、症状が改善するのか不安になっていることが多いのではないでしょうか。症状が改善するまで安心して通院できるようにわかりやすく説明して施術させて頂きます。

橋爪接骨院での治療

橋爪接骨院ではレントゲンには写らないような筋肉や関節周囲の異常を見つけ出し、手技療法や超音波治療、痛みを取り除く作用のあるハイボルテージと呼ばれている特殊な電気治療などによって治療していきます。そして、筋肉や骨格、姿勢などのバランスを良くする施術を行うことで症状を改善していきます。むちうちや腰痛は放置すると、後遺症は放置すると、二次障害を起こすこともありますので早期の治療と完治するまで治療をすることをお勧めします。

病院での治療について

交通事故によるむちうちや腰痛で整形外科を受診すると、レントゲン検査を行いますがむちうちや腰痛などの場合、「骨には異常ないですね」と言われることがほとんどです。もしくは、年齢的な骨の変化があったとしても、事故との因果関係ははっきりしないと言われることが多いです。まずは痛み止めや湿布などによる投薬と安静によって様子をみることが多いです。そして、痛みが消失したら終了になりますが、症状が続いていると電気治療などによるリハビリが開始されます。しかし、薬や電気による治療だけでは症状が改善しないことが多いんです。骨には異常がないとしても、むちうちなどのケガは骨ではなく、筋肉や靭帯などのレントゲンには写らない異常であることが多いのです。病院ではむちうちは頸椎捻挫や頸部挫傷と診断されますが、いずれも筋肉や靭帯、神経などを痛めている状態です。実は骨を痛めていなくても症状が長く続く場合も多いのです。湿布や痛み止めを処方されて、「痛みが続けば来てください」や「様子をみましょう」などと言われても、症状が改善せず、悩まれる方が多いです。中には頭痛やめまいが出現し、痛い部位も広がってくる方もたくさんいます。症状が変わらないのに、薬を変更するだけで治療内容が変わらず、症状が続いて困っている患者さんがたくさんいます。首や腰の痛みが長引くと頭痛や手足のシビレなどの原因となります。

電気治療の効果

電気治療によるリハビリを続けていても効果がでないことが多くあります。特にむちうちなどによる怪我の場合は電気治療だけでは効果が少ない場合が多く、症状が長く続いてしまうことがあります。治療内容に疑問をもたれて近隣の医療機関から当院へ転院されてくる患者さんが多くいらっしゃいます。

交通事故による後遺症

事故の後遺症交通事故の後遺症で首が痛いと言われる方がいますよね。交通事故によって生じた怪我の後遺症についてご説明します。

後遺症とは

追突などの交通事故によって首や腰などを痛めると思った以上に症状が続く場合があります。最初は首や肩の違和感や軽い痛みだけのことも多いのですが、徐々に頭痛やめまい、吐き気などが出現することもあります。交通事故に遭われた方の中には「天気が悪いと首が痛くなる」「低気圧が近づくとわかる」「寒いと痛みがでる」などと言われる方がいます。これらは交通事故によって起こった後遺症である可能性があります。痛みだけではなく頭痛やめまい、手足のシビレ、疲れやすい、元気が出ないなど、様々な症状が後遺症として出ます。肝心なのはできるだけ早期に適切な治療を受けれるかどうかにあります。治療の開始が遅れたり、適切な施術が早く行われていなければ後遺症が残る可能性が高まります。シビレや頭痛、めまいなどは外見的に異常が確認しづらいため周囲の人にわかってもらえずに症状に苦しんでしまうことも多いと思います。レントゲンやMRI検査などに写らないような異常でもシビレや頭痛、めまいが出現することがあります。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院橋爪接骨院は近鉄四日市駅から徒歩5分のところにあり、通院がしやすいと好評です。近くにはオフィスビルやマンションが多く、仕事帰りに治療を受けに来られる患者さんが多くいます。交通事故による治療は通いやすく、信頼できる医療機関を選ばれることが必要です。交通事故に遭って腰や首が痛くてお困りの方は一度ご相談ください。お力になれると思います。土曜日・日曜日やってます。当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

タップして電話
coubicネット予約
LINE予約

関連記事

  1. 頚肩腕症候群の治療
  2. 頚肩腕症候群の治療
  3. 頚肩腕症候群の治療
  4. 頚肩腕症候群の治療
  5. トリガーポイントの治療
PAGE TOP