BLOG

腰部挫傷の治療写真

四日市で腰部挫傷の治療!

こんにちは。四日市の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院です。
腰をうったり、捻ってしまって腰に強い衝撃が加わってしまい腰痛になってしまった場合などに腰部挫傷と診断される場合があります。あまり聞きなれないこの怪我についてわかりやすく解説したいと思います。腰痛で病院を受診して腰部挫傷と言われた方は参考になさってください。

腰部挫傷について

腰部挫傷の患者

腰痛で病院を受診し、診断書を書いてもらったら「腰部挫傷」と書いてあったけど、どのような状態なのかについて解説します。

腰部挫傷とは

交通事故によるケガや接骨院でのケガの名称でよく診断される挫傷。大辞泉では「くじき傷つくこと」と説明されていて、打撃や圧迫によって体内の組織が損傷した状態も挫傷とされています。しかし、ぶつけて損傷した場合は通常、打撲と診断されます。挫傷とは肉離れのように筋肉が引き延ばされた時や重いものを持った時、捻じって筋肉に負担がかかって痛めた場合に診断されるのが一般的です。腰部挫傷とは交通事故や重量物の運搬などにて皮膚の表面や骨に傷がなく腰部の筋肉を痛めている状態を言います。

腰部挫傷で痛めやすい筋肉

  • 脊柱起立筋
  • 多裂筋
  • 広背筋
  • 大殿筋
  • 中殿筋
  • 小殿筋
  • 腰方形筋
  • 内腹斜筋
  • 外腹斜筋
  • 大腰筋
  • 腸骨筋
  • 下後鋸筋など

症状

腰の筋肉が損傷している状態になります。動かすと痛い、押さえると痛いなどの症状が一般的です。損傷の程度が強いと腫れたり、炎症により熱をもつこともあります。じっとしていれば痛くないことが多いです。放置すると、かばって動かすことで痛めた腰と反対が痛くなったりするなど別の部位まで痛みを起こすことがあります。場合によってはトリガーポイントと呼ばれる筋肉の痙攣(ケイレン)が発生して痛みが強く出ることもありますので早期の適切な治療が必要になります。

腰部挫傷の治療

腰痛の治療

病院では内服薬や湿布をして安静にすることによって痛みが引くことを待つ治療が多いですが、状態によっては痛みが長続きしてしまう場合があります。橋爪接骨院での腰部挫傷の治療についてご紹介します。

当院の治療

ケガをしたばかりの時は程度にもよりますが、アイシングや冷湿布などで冷やすことが重要です。そして、感じないほど弱い程度の微弱電流を流すことで組織の修復を促します。痛みが強い場合は腰を保護するためコルセットやテーピングなどで固定する場合もあります。症状が落ち着いてきたら筋肉が固まってしまうことを防ぐため、温熱療法や超音波治療、手技による施術を行います。状況によってはストレッチなどで硬くなってしまった筋肉を伸ばしていきます。このような治療をすることで以前の体に早く回復させ、早期復帰が可能となります。

まとめ

腰痛のまとめ

腰部挫傷の原因や状態、治療方法などについて解説しました。腰を強く痛めた時は期間や患部の状態によって治療方法が異なります。交通事故などで腰部挫傷と診断された場合はご相談ください。お力になれると思います。

こちらで腰痛の治し方については解説していますのでご参考にしてください!
【詳しく解説】橋爪接骨院の腰痛の治し方について

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

四日市の接骨院近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日・日曜日やってます!当日の予約は電話にて空き状況をご確認ください。

website:「腰痛施術の匠」橋爪接骨院
休診日:火曜日・祝日

電話番号
治療予約
LINE予約

 

関連記事

  1. 仙腸関節の治療
  2. 橋爪接骨院の治療
  3. 腰痛の患者
  4. 小学生の女の子
  5. 腰痛の匠
  6. 腰痛の高齢者
PAGE TOP