BLOG

頚肩腕症候群の治療

四日市で交通事故に遭ったら・・・

四日市で交通事故発生!

追突など思わぬ状況で交通事故は発生し
ます。特に初めての方は気が動転してしま
い緊張で何をしてよいかわからなくなって
しまいます。そこで、交通事故の当事者と
なった場合の対処方法をお伝えします。

対処方法

  1. 安全の確保
    まずは二次災害が起こらないように身の回りの安全や相手の状況を把握します。早急に警察に連絡してください。場合によっては助けを求めたり、救急車を呼びましょう。
  2. 加害者の特定
    加害者の運転免許証の住所・氏名を確認。車のナンバーも必ず控えてください。携帯があれば、許可を得て写真を撮っておくのが早いです。
  3. 事故現場の確認
    事故現場を確認し、見取り図を作ったり、現場の写真を撮っておきましょう。ドライブレコーダーを装備していない場合は必ずしておいた方がいいです。後になると当時の記憶が薄れてしまったり、現場が変わってしまうこともありますので、必ず記録に残すようにしましょう。
  4. 自分の保険会社への事故報告
    ご自分の加入している自動車保険会社や保険の代理店に事故に遭ったことを報告してください。搭乗者保険に加入している場合は運転者だけではなく、同乗者も入院や通院の医療保障がありますので請求できます。
  5. 警察への届け出
    事故報告は加害者の方が行いますが、被害者も必ず届け出を行いましょう。保険金の請求の際に必要な「交通事故証明」も申請してください。
  6. 病院で診察を受ける
    症状が軽度でも必ず診察や治療を受けてください。また、警察に提出する診断書をもらって届けてください。診断書を届け出ないと人身事故の扱いにされません。診断書を提出することで治療費の請求が可能となります。物損事故でも治療を受けることができる場合もありますが軽傷と判断されますので、症状が強い場合や後遺症が残りそうな場合は人身事故にすることをお勧めします。警察署では被害者側にも過失がある場合で、見た目が軽傷の場合は物損を勧められることもあります。(人身事故にすると警察側で作成する書類が多くなるそうです)
  7. 加害者の保険会社からの連絡
    保険会社の担当者さんにケガの状況を伝え、通院または入院する医療機関をお伝えください。通院する施設は救急車などで運ばれてきた病院に通院しないといけないわけではありません。通院しやすい医療機関をお伝えください。
  8. 当院へ連絡
    通院中の整形外科などの病院や接骨院、整骨院での治療で改善されない場合は当院にご連絡ださいお電話LINEによる相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

当院の交通事故治療

当院ではレントゲンには写らない筋肉や
関節周囲の
異常を見つけ出し、手技療法
超音波治療
痛みを取り除く作用のある
ハイボルテージ
呼ばれている特殊な
電気治療
など
によって治療していきます。
そして、全身の筋肉や骨格、姿勢などの
バランスを良くする施術を行うことで症状
を改善していきます。後遺症は放置する
と、二次障害を起こすこともありますので
早期の治療と完治するまで治療をすること
をお勧めします。

交通事故治療の料金

当院の交通事故によるケガの治療には
自賠責保険や
任意保険による自動車保険が
適応となりますので治療費の窓口負担は
無料
なります。その他の医療機関に
よっては別途、自費負担を請求される
施設もありますので注意してください。

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

近鉄四日市駅から徒歩5分。土曜日日曜日やってます!当日の予約はお電話にて空き状況をご確認ください。
休診日:火曜日・祝日

橋爪接骨院の電話番号
coubicネット予約
LINE予約

根本治療で腰痛を改善させる「腰痛施術の匠」橋爪接骨院 の院長です。整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修行し、腰痛やシビレが起きる原因が体のバランスの崩れ筋肉によるものだと確信。独自の施術法を確立し、腰痛専門の治療院を四日市に開院しました。

関連記事

  1. 頚肩腕症候群の治療
  2. 頚肩腕症候群の治療
  3. 頚肩腕症候群の治療
  4. 菰野からの患者さん
  5. 頚肩腕症候群の治療
  6. 頚肩腕症候群の治療
PAGE TOP